2018.06.08 | 2018.06.13 取引所

DMMビットコインの手数料はいくら?取引手数料/スプレッド/入出手数料/送金手数料を解説

この記事は2018.06.13に加筆・修正されています。

LINEで送る
Pocket

女優のローラさんが広告に起用されている事でも有名な仮想通貨取引所『DMMビットコイン』

今回は仮想通貨取引所『DMMビットコイン』がどんな取引所なのか、どんなユーザーにおすすめなのか詳しく解説していきます。

DMMビットコインの基本情報

まずはDMMビットコインの基本情報について確認していきましょう。

※「早く手数料を知りたい。」という方は下にスクロールしちゃってくださいね。

DMMビットコインの運営会社は株式会社テコテックといい、主にデジタルコンテンツの開発や証券・金融決済系のインターネットサービスを行っている日本の企業です。

2017年12月1日に件の改正資金決済法の認可を受けて、正式に仮想通貨取引所として正規営業を始めました。

その後現在の運営会社「DMM FXホールディングス」へ事業譲渡され、2018年1月11日から新ブランド「DMM Bitcoin(DMMビットコイン)」として運営を開始しています。

お家芸でもあるFX取引のノウハウを生かした仮想通貨取引所には登録ユーザーも多く、日本国内の人気取引所ランキングでは常に上位に入っているポピュラーな業者です。

DMMビットコインは仮想通貨取引所というくくりでは取引所としての運営はしておらず、仮想通貨販売所の運営のみを行っています。

販売所と取引所の違いについてはこちらの記事をどうぞ!

仮想通貨の販売所と取引所の違いを解説【メリットを学ぼう】

仮想通貨の投資を始めるにあたって、ビットフライヤーやザイフといった仮想通貨交換業者に登録してみると、「取引所で …

DMMビットコインの最大の特徴は「アルトコインのレバレッジ取引」が出来ることです。

現在も国内の仮想通貨取引所の中で、多数のアルトコインのレバレッジ取引をしている取引所はDMMビットコインだけです。

DMMビットコインの主な手数料

ここではDMMビットコインの主な手数料の種類について解説していきます。

以下に仮想通貨取引所で発生する手数料について表にしました。

※「-」は取り扱い無しです。

現物取引 取引所 ユーザー同士のやり取りで発生する手数料
販売所 販売手数料は無料
スプレッド29,000円前後
仮想通貨の売買で発生する手数料
アルトコイン 販売手数料は無料
スプレッドは通貨毎で異なる
アルトコインの銘柄によって発生する手数料
FX取引 新規約定 仮想通貨を使ったFX取引で発生する手数料
スワップ等 入出金などに発生する手数料
信用取引/レバレッジ取引 新規約定 手数料は無料
スプレッドは3300円前後
建玉を売買した際に発生する手数料
スワップ等 建玉金額の0.04% / 日
先物取引 新規約定 建玉取引の為に入出金した際に発生する手数料
スワップ等 取引に発生する手数料
仮想通貨送付手数料 ビットコイン 0.0008BTC以上 ビットコイン取引で別に発生する手数料
イーサリアム 0.001ETH イーサリアムを使った送金処理で発生する手数料
銀行入出金 3万円未満の入金 各金融機関所定金額 仮想通貨取引の為に銀行から取引所へ入金する際に発生する手数料
3万円以上の入金 各金融機関所定金額 仮想通貨取引の為に銀行から取引所へ入金する際に発生する手数料
クイック入金 無料 素早く手続きが行えるようにするための入金処理に発生する手数料
3万円未満の出金 各金融機関所定金額 取引所から銀行へ出金する際に発生する手数料
3万円以上の出金 各金融機関所定金額 取引所から銀行へ出金する際に発生する手数料

この他にスプレッドがあります。

1分で無料口座を開設する

「スプレッド」とは見えない売買手数料とも言われており、仮想通貨取引所毎にその価格が異なります。運営側の主な収益源になっています。

スプレッドは買値から売値を引いた金額です。

スプレッドが小さいと、売買手数料は安いということになり、逆にスプレッドが大きいと、売買手数料は高いということになります。

DMMビットコインのスプレッドの一例として2018年5月30日のビットコインを見てみましょう。

買値が819,774円で売値が816,148円です。この場合スプレッドは3,626円です。

仮想通貨の買値と売値はリアルタイムで変動するため、いつも同じ金額とは限りません。

仮想通貨取引所を選ぶ基準として、手数料に加えてスプレッドに関しても注目してみることが必要です。

DMMビットコインの販売所の手数料

DMMビットコインでは「ビットコイン」と「イーサリアム」の売買を販売所で扱っています。

購入・売却の際にかかる手数料は「無料」です。

ただし、先ほど説明した見えない手数料である「スプレッド」は他の仮想通貨取引所と同様に発生します。

DMMビットコインのレバレッジ取引の手数料

レバレッジ取引とは、少ない資金で大きな金額の取引できるように証拠金(DMMビットコインに預けているお金)に対して数倍の金額で取引できるようにしている仕組みです。

DMMビットコインでは最大で5倍のレバレッジ取引が可能です。

レバレッジの手数料は、翌営業日に建玉を持ち越した場合、1日につき建玉の0.04%の手数料が発生します。

建玉とは金融用語のひとつで、「まだ決済が済んでいない商品」を指します。

ロング取引の場合は手元にある仮想通貨がそれに該当し、ショート取引では空売りして買い戻すまでの仮想通貨が該当します。

0.04%ですので、100万円分の建玉に対して1日当たり400円の手数料が発生するということです。1週間で2,800円、30日で12,000円です。

これがレバレッジ取引で5倍の量を持っていれば、手数料も比例して5倍になります。

値段が変動して収益がプラスになれば問題ない金額かも知れませんが、マイナス収益になってしまった場合、ロスカット分の原資20%の損失+建玉の手数料という大きな損失になってしまいます。

これがレバレッジ取引です。まさにハイリスクハイリターンな取引方法と言えますね。

DMMビットコインの取引所の手数料

DMMビットコインでは取引所の運営はしていません。

DMMビットコインの入出金手数料

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を現物取引で購入するために入金したり、取引で手に入れた仮想通貨を日本円に換算して出金したりする場合には銀行所定の手数料が発生します。

銀行によっては仮想通貨取引所への入出金手数料が無料という銀行もあります。

DMMビットコインは入出金の手数料が「ほぼ無料」です。

DMMビットコインを運営する「DMM FXホールディングス」はFX取引機関として最大手の企業です。

提携している銀行は約380もあり、楽天銀行やジャパンネット銀行といったインターネットバンキングもあれば、みずほなどのメガバンクもあります。

この提携している銀行を使って入出金をおこなえば、余計な出費を抑えて日本円や仮想通貨の入出金が出来ます。

提携していない銀行の場合、3万円以下であれば103円~432円、3万円以上であれば、216円~432円の手数料がかかります。

DMMビットコインに対応しているBTCやETHを送金し、無料の銀行窓口のような役割を持たせることも可能になりますね。

DMMビットコインの送金手数料

DMMビットコインの送金手数料とは、仮想通貨をウォレットや他のアドレスに送る時に発生する手数料の事で、仮想通貨出金手数料と同じ意味を持っています。

DMMビットコインではこの手数料は「無料」です。

ただし、DMMビットコインで送金に対応しているのは現物取引を行っているビットコインとイーサリアムの2銘柄のみです。

注意したいのが、レバレッジ取引で手に入れたコインを送金したり、他の仮想通貨取引所で購入したコインをレバレッジアカウントに送金するといったことはできませんので覚えておきましょう。

DMMビットコイン側に支払う手数料は無料ですが、送金の際にマイナーへ支払う手数料は発生します。

マイナーへの手数料はビットコインで0.0008BTC以上※(2018年5月30日時点日本円で約657円)、イーサリアムでは0.001ETH(固定)※(2018年5月30日時点日本円で約64円)の手数料が発生します。

送金手数料は海外取引所へ送金するときなどにかかります。日本人が海外の仮想通貨取引所へ送金する場合などにも送金手数料が発生します。

まとめ

DMMビットコインの手数料に関してまとめてきました。DMMビットコインでは銀行入出金が無料であり、アルトコインのレバレッジ取引ができるメリットがあります。また、親会社であるDMMFXホールディングスの社会的な信頼性が高いです。

レバレッジ取引が最大5倍ですので、はじめて仮想通貨のレバレッジ取引をする方にもおすすめです。

スプレッドが割高なデメリットもありますが、その点を考慮した上で、DMMビットコインで口座を開設してみてはいかがでしょうか?

1分で無料口座を開設する

LINEで送る
Pocket

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

《無料》仮想通貨で稼ぐための秘訣 | 4つの仮想通貨ビジネスから分析【bitmanagementのLINE@登録者限定】

こちらは、仮想通貨で稼ぐための秘訣です。 本書は、仮想通貨(暗号通貨)で利益を出すために必要な情報と知識を4つのビジネスから分析して記されています。
  • 仮想通貨(暗号通貨)トレード
  • マイニング
  • アービトラージ(裁定取引)
  • ICO(未上場コイン)
この資料をダウンロードすれば仮想通貨で稼ぐために必要な知識や情報が分かります。4つのビジネスが「どのような仕組みなのか」、「注目すべきポイントはどこであるのか」など仮想通貨で稼ぐためには必要である知識や情報が精査され分かりやすく記載されています。

LINE@に登録して無料特典を受け取る

関連記事

オススメの記事