2018.05.16 | 2018.06.07 アルトコイン

<基礎>仮想通貨のリップル(Ripple,XRP)とは?基本情報や仕組み、今後の値動きについて解説

この記事は2018.06.07に加筆・修正されています。

LINEで送る
Pocket

数ある仮想通貨の中でも、大手企業との提携やメガバンクからの技術採用などで話題を集めるリップル(Ripple,XRP)。

実際にどんな特徴を持った通貨なのか、各所で評価されている技術がどんなものかなど、分かりにくい点が多いですよね。

2018年5月現在、1ビットコインは100万円前後で推移しています。

一方リップルはまだ90円前後と、先を見据えた投資の対象として興味を持つ人もいるのではないでしょうか。

そこで仮想通貨リップル(Ripple,XRP)とはどんな通貨なのか。

その技術の仕組みから特徴、そして今後の値動きに関わるニュースやおすすめの取引所にいたるまで、リップル(Ripple,XRP)に関する情報を分かりやすく解説します。

リップル(Ripple/XRP)とは

「リップル」というと、ビットコイン・イーサリアムなどと同じように数ある仮想通貨の名称のひとつだと捉えられがちですが、実は少し違います。

まず “Ripple inc.” という会社が「リップル」という名前の送金・決済システムを開発しました。

その送金・決済システムの中では、XRP(リップル)という名前の基軸通貨を使用します。

つまり「リップル」とは、システムを開発した会社の名称でもあり、同時に開発された決済システムの名称でもあります。
そしてまた、システム内で使われる通貨の名称でもあるのです。

一般的に取引所などで扱われているのは、このシステム内の通貨であるXRP(リップル)です。

リップルは数ある仮想通貨の中でも、特に決済に適した通貨システムであると言われています。

現在お金など、何らかの「価値」をやり取りをする際には時間も送金コストもかかります。

それに対してリップルは、携帯でメールをやり取りするように「手軽に、素早く」お金などの”価値”をやり取りできるようにすることを目標として開発されました。
(これを”Internet of Value:価値のインターネット”と呼んでいます。)

将来的にこの目標を実現するため、リップルは「速く・安く」送金ができるシステムを開発しました。
そしてまずは現行の古い決済システムに取って代わる、新しい国際送金のシステムとなることを目指しています。

リップル(Ripple/XRP)の基本情報

 

リップル(Ripple/XRP)の誕生

リップルはビットコインよりも早い2004年に、Ryan Fugger(ライアン・フッガー)によってカナダで考案されました。

もう14年も前に構想があったなんて驚きですね。

それから Ripple inc. の前身であるシリコンバレーのスタートアップ OpenCoin社によってシステムの開発が行われ、2013年2月22日にXRP Ledgerによって仮想通貨XRP(リップル)が発行されました。

XRP(リップル)は2018年現在、5周年を迎えたことになります。

XRP Ledgerとはビットコインでいうブロックチェーンにあたるもので、リップル独自の分散型台帳です。

ビットコインというとしばしば送金の遅さが話題になりますが、この独自システムによりリップルは、他の仮想通貨よりも高い処理能力を実現しています。

 

通貨としてのXRP(リップル)

XRP(リップル)の発行上限枚数は1000億XRPです。
マイニングによる追加発行はなく、最初から1000億XRP全てが既に発行されています。

しかし、現在 Ripple inc. がその60%ほど(約600億XRP)を保有しています。

そのうち550億XRPほどは「ロックアップ」されていて、期限がくるまで市場には放出されないことになっているので、発行された全てのXRP(リップル)が流通している訳ではありません。

2018年5月現在、XRP(リップル)の時価総額は3兆円を超え、ビットコイン・イーサリアムに続き時価総額ランキング3位につけています。

XRP(リップル)は2017年5月以降一気に価格が上がり、1年間で100倍以上に値上がりしました。
現在は、1XRP=90円前後で推移しています。(2018年5月)

 

決済システムとしてのリップル(Ripple)

リップルは将来的に、”価値のインターネット”を実現するために開発されたシステムです。

そして現在はその足がかりとして「銀行システムの効率化」を目的として開発が進んでいます。

つまり世界中の出来るだけ多くの銀行にXRP(リップル)を採用してもらうことで、国際送金などの決済をより迅速でスムーズにしようということです。

そのためシステムの処理能力が最速になるように、ビットコインなどとは違った独自の認証システムを採用しています。

この独自の認証システムは「バリデート」ともいい、リップル社が選んだ「Validator バリデーター」と呼ばれる企業や団体によって行われています。

このほかリップルには、以下のような技術も採用されています。

・IOU取引
ドル-円など、異なる通貨間での取引を円滑に行うために、IOUという借用書のようなものを使う取引技術。

・ILP(インターレジャープロトコル)
ドル-円など、異なる通貨間での取引をする場合に、XRP(リップル)が橋渡し(仲介)的な役割を担う仕組みの技術。

仮想通貨リップル(Ripple/XRP)4つの特徴

 

送金スピードが速く、決済に適している

先にも述べた通り、リップルは独自の認証システムにより、ほかの仮想通貨に比べても格段に速く送金ができます。

最速の送金スピードは3秒ほどで、1秒間に1500件ものトランザクションを処理することが可能です。

ビットコインなど仮想通貨の多くは、スマートコントラクトを実現するためにPoW(Proof of Work)という認証システムを採用しています。

PoWの具体的な仕組みについては割愛しますが、PoWは処理能力に限界があります。

PoWの場合システム上、一定以上取引が増えるとだんだん速度が落ちてしまい、その分手数料も上がることになります。

しかしリップルが採用している「バリデート」(またはRPCA)という認証方法であれば、安定したスピーディな処理能力を確保できるため、取引量が増えても速く安い送金が実現できます。

この点が、リップルは決済に最も適していると言われる理由です。

 

消費電力が小さく、送金コストが安い

リップルはビットコインなどとは違い、取引の認証をする際に、複雑な暗号を解読する作業がありません。(認証方法がPoWではないため)
Ripple社によって選ばれたValidator(バリデーター)が送金について許可すれば、認証が完了する仕組みです。

そのためビットコインのように多大な電力を消費することがなく、コストが低く抑えられます。
(現在リップルは1つの取引あたり、わずか約0.0004ドルで送金ができます。)

リップルの送金手数料はネットワーク攻撃への対策のためにある

リップルの送金手数料は、ネットワークに負荷がかかればかかるほど高くなる仕組みになっています。

これはネットワークに故意に負荷をかけるネットワーク攻撃から、システムを守るために設計されたものです。
したがってこの手数料がRipple社に入る訳でもなければ、他の誰かの利益になる訳でもありません。

誰かの利益にならないということは中立的で、送金コストを安く抑えられる理由のひとつになります。

ちなみに取引額から送金手数料が引かれたら、その手数料分のXRP(リップル)は自動的にネットワーク上から消滅するようになっており、永遠に消えてしまいます。

しかし上限発行枚数は1000億XRPと決められていて、それ以上増えることはありません。
つまり今後取引が行なわれる度に、XRP(リップル)の総数はだんだん減っていくことになります。

 

中央集権型のシステムであるが、信頼性が高く、ネットワークが安定している

ビットコインは誰でも開発できてオープンである反面、意見の対立などが起きた際に開発がストップしてしまうというデメリットがあります。

その点リップルは、特定の開発者であるRipple社が運営する中央集権型ではありますが、絶対的な管理者がいるタイプのコインです。

つまり開発や改良がスムーズに素早く進み、ネットワークも安定して運用されます。

またRipple社は積極的で優秀な技術者を数多く有しているため、今後の開発も着実に進むであろうという信頼性もあります。

仮想通貨リップル(Ripple/XRP)のニュース

 

SBIホールディングスがリップルの技術を活用した国際送金システムを開発することを発表

2017年12月にSBIホールディングス株式会社は、日本の大手37銀行と韓国の大手2銀行との間で新しい国際送金システムの共同実験を開始するとし、ここにリップルの技術が活用されることを発表しました。

この発表の直後、XRP(リップル)は大幅な値上がりを見せました。

SBIホールディングスはリップルの子会社に多額の出資もしており、Ripple社が推進する金融ネットワーク「Ripple Net」にも加盟しています。

Ripple Netにはその他、メガバンクから地銀まで60行以上の日本の銀行が加盟しており、世界各地の金融機関も続々と参加しています。
「国際送金」という分野に関して、リップルの技術は世界的に認められていると言っても過言ではありません。

 

リップルが数多くの大企業と提携を発表

リップルは現時点で、数多くの企業や銀行との提携を発表していますが、2018年1月にアメリカの企業で国際送金サービス大手の「Money Gram マネーグラム」との提携を発表しました。

マネーグラムは国際送金のために、これからXRP(リップル)を試験的に利用するということです。

マネーグラムは世界200の国と地域に35万拠点の巨大ネットワークを有しています。
この試験的利用が上手くいけば、XRP(リップル)の流通拡大が期待できるといえるでしょう。

またこの提携以降、さらに
・ブラジルとインドの銀行2行
・シンガポール、カナダ、ブラジルの送金サービス会社
・サウジアラビア中央銀行
などもリップルの国際送金技術を活用することを発表しました。

現在も続々と提携企業が増えており、今後のリップル技術の普及に期待が高まっています。

 

リップルがインド、アメリカ、イギリスの取引所に相次いで上場

XRP(リップル)は2018年2月にインド最大の取引所であるZebpayに上場し、続いて3月にはアメリカのUpholdと、イギリスのLBXの2つの取引所にも上場しました。

イギリスの取引所に上場したことにより、これまではなかった「XRP(リップル)対英ポンド」という新しい取引ペアが実現しました。

世界各地で盛んにXRP(リップル)が取引されるようになれば、将来的にXRP(リップル)の価格が上昇していくことも考えられます。

仮想通貨リップル(Ripple/XRP)を購入可能な取引所

現在リップルは、取引所と販売所のどちらかで購入できます。
しかし販売所はスプレッド手数料が割高になりがちなので、取引所で購入することをおすすめします。

2018年5月現在、リップルの購入が可能な取引所/販売所は以下の4つです。

 

bitbank.cc

bitbank.ccはXRPを扱う取引所/販売所の中でもメジャーな取引所です。

日本円が24時間入金でき、日本円を入れればいつでも取引が可能です。
手数料も安く、現在取引手数料無料キャンペーン中です。
(2018年5月時点)

ほかの取引所と比べてリップルの取引量も多く、セキュリティ面でも評価の高い取引所です。

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

こちらはbitbank.ccに比べ、リップルの取引量は少ないですが、日本円でリップルが購入でき、手数料も比較的安い取引所です。
また、2017年9月に金融庁からの認可を得ている取引所なので安心です。

 

GMOコイン

GMOコインは取引所ではなく販売所なので、スプレッド手数料は割高になります。

ただ出入金手数料は無料なので、販売所であっても気軽にリップルを購入することができます。
またリップルの現物を出入金することも可能です。

 

DMMビットコイン

DMMビットコインはGMOコインと同じく販売所です。
リップルのレバレッジ取引が可能ですが、スプレッド手数料が割高なうえ、レバレッジ取引は大きな損失を出す可能性もあるため、初心者は注意が必要です。

バイナンス

バイナンスは海外(中国)の取引所になります。手数料の安さを求めるのであれば、バイナンスはbitbank.ccと並んでおすすめです。
Google翻訳機能を使って日本語に翻訳すれば問題なく使うことができ、取引の全体量も多いので、海外取引所であっても比較的安心です。(2018年5月時点)

仮想通貨リップル(Ripple/XRP)を管理可能なハードウォレット

コインチェックの不正アクセス事件のような紛失リスクを避け、リップルをより安全に管理するためにハードウォレットを使うという方法があります。

ハードウォレットはコインをネットワークから切り離し、インターネットに接続しなくても管理できるウォレットです。
そのためハッキングのリスクが低いという点で、ウェブウォレットなど他のウォレットよりも安全です。

ハードウォレットはUSBやタブレットといった現物の端末で管理するので、破損・紛失した場合に使えなくなるというリスクがあります。
しかし万が一失くしたり壊れてしまった場合でも、データ自体は復元パスワードを使えば新しい端末で回復することができます。

2018年5月現在、リップルを管理できるハードウォレットは2種類あります。

Ledger Nano S

フランスのLedger社が販売しているUSBタイプのハードウォレットです。
USBタイプなので、小さく持ち運びに便利であるほか、価格も10000円前後と手頃です。
また充電の必要もないため、いつでもどこでもウォレットを管理できます。

ただ、コンパクトサイズがゆえに本体画面も小さく、操作がしづらいというデメリットがあります。

(備考)
・Ledger Nano S 対応通貨:27種類
・Ledger Nano S 管理可能通貨数:1台につき4〜5種類

Ledger Blue

もうひとつもLedger社が販売しているハードウォレットで、こちらはタブレットタイプのウォレットです。
USBやBluetoothに対応しているのでより多機能で、画面が大きく操作もしやすくなっています。
こちらはUSBタイプとは違い、充電が必要です。

価格は通常30000〜50000円ほどですが、現在品薄の状態が続いており、Amazonなどでは定価よりも高い値段で販売されています。

複数の通貨を同時に管理できるという点で、リップル以外にも色んな種類の仮想通貨を所持している人にとっては便利です。

(備考)
・Ledger Blue 対応通貨:25種類
・Ledger Blue 管理可能通貨数:1台につき8〜10種類

※ハードウォレットを購入する際は安全のため、まず販売元をチェックし、公式サイトなど信頼できるところから新品のものを購入するようにしましょう。

リップル(Ripple/XRP)のまとめ

リップルは通貨としてのXRP(リップル)だけでなく、その技術そのものが世界に認められつつあります。

今後も続々とリップルの技術を使った決済サービスが登場したり、新たなアプリケーションが発表されたりと活用が広がることが予想されます。

2017年には「ネオヒルズ族」として一時期世間を騒がせた、若手実業家の与沢翼氏が1億円分のリップルを購入したことも話題になりました。

与沢氏については賛否両論あれど、彼は株やFXなど仮想通貨以外の投資経験も豊富な実業家です。
彼はかねてよりリップルを支持しており、2017年末のXRP(リップル)急騰で20億円もの資産を築いたともいわれています。

彼はTwitterなどを通して、今のところリップル(Ripple,XRP)は将来有望な仮想通貨であり、長期保有に適しているとの見解を見せています。

価格の動向に関わらず、これからもリップル(Ripple,XRP)に将来性が見いだせる限り長く保有し続けるつもりだそうです。

リップルの今後の値動きについては、技術開発の動向や、それが世界的にどのように活用されていくかというところにかかってくるでしょう。

・これから先、さらに多くの機関と提携し、新たな活用方法が開発される
・現在はまだ実験段階の活用システムが本格的に実用化する

など、将来的に技術の普及が進めばXRP(リップル)の価格が上昇していくことは十分に考えられます。

リップル(Ripple,XRP)を始め、仮想通貨はまだまだ発展途中な分、投資には入念な情報収集と知識が必要不可欠になりますが、与沢氏のようにリップルやリップルの技術そのものに可能性を見出すという人は、今からでも投資は遅くないかもしれません。

LINEで送る
Pocket

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

《無料》仮想通貨で稼ぐための秘訣 | 4つの仮想通貨ビジネスから分析【bitmanagementのLINE@登録者限定】

こちらは、仮想通貨で稼ぐための秘訣です。 本書は、仮想通貨(暗号通貨)で利益を出すために必要な情報と知識を4つのビジネスから分析して記されています。
  • 仮想通貨(暗号通貨)トレード
  • マイニング
  • アービトラージ(裁定取引)
  • ICO(未上場コイン)
この資料をダウンロードすれば仮想通貨で稼ぐために必要な知識や情報が分かります。4つのビジネスが「どのような仕組みなのか」、「注目すべきポイントはどこであるのか」など仮想通貨で稼ぐためには必要である知識や情報が精査され分かりやすく記載されています。

LINE@に登録して無料特典を受け取る

オススメの記事