2018.05.30 | 2018.06.14 アルトコイン

<基礎>仮想通貨のゴーレム(Golem,GNT)とは?基本情報や仕組み、今後の値動きについて解説

この記事は2018.06.14に加筆・修正されています。

LINEで送る
Pocket

仮想通貨のゴーレム(Golem/GNT)とは?基本情報や仕組み、今後の値動きについて解説

本記事では今注目され始めている仮想通貨「ゴーレム(Golem/GNT)」の基本情報や仕組み、そして気になる今後の値動きについて解説をしていきます。

ゴーレム(Golem/GNT)とは

多くの人が「ゴーレム」という単語を見て、真っ先にドラクエを思い出すかと思います。しかし、本記事で解説をするゴーレム(Golem/GNT)はそうではありません。

ゴーレム(Golem/GNT)は「イーサリアム上に構築されているプラットフォーム」で、さらに詳しく言えば、「余分な計算能力(コンピューティングパワー)をP2Pで取引することができる、分散型のコンピューティングプラットフォーム」です。

要は「自分のパソコンの空き時間をゴーレム(Golem/GNT)に貸し出すことで、報酬がもらえる仕組みを持つ仮想通貨」ということ。

さらには、ゴーレム(Golem/GNT)に空き時間をレンタルしたコンピューターはスーパーコンピューター並みの計算能力を持つことができます。

ゴーレム(Golem/GNT)の基本情報

ゴーレム(Golem/GNT)の基本情報は以下の通りです。

ゴーレム(Golem/GNT)
発行日 2016年11月11日
名称 Golem(GNT)
発行枚数 約10億枚
上限 約10億枚
開発者 Julian Zawistowski
公式サイト https://golem.network/
ホワイトペーパー https://golem.network/doc/Golemwhitepaper.pdf

 

仮想通貨ゴーレム(Golem/GNT)は販売開始から29分で完売する人気ぶり

ゴーレム(Golem/GNT)は2016年11月11日に公開された仮想通貨です。

ICO(クラウドファウンディング)においては100億GNTが販売され、販売開始から29分で完売する人気ぶりでした。当時のレートでいうと約860万ドルもの資金調達に成功したことになります。

 

仮想通貨ゴーレム(Golem/GNT)はイーサリアムプラットフォーム上に構築されている

ゴーレムネットワークはイーサリアムのプラットフォーム上に構築されており、そこで支払いをする際にはGNTトークン(仮想通貨、コインのこと)が必要になります。

イーサリアムのプラットフォーム上に構築されている理由は送金手数料が安く、少額決済(マイクロペイント)に利用しやすいからです。

余談ですが、イーサリアムは様々なプロジェクトに利用することができます。最近注目されているプロジェクト例としては「難民支援」がそれに当たります。

ヨルダンの難民キャンプでは「食糧支援」が特に重要で、多くの人に均等に食料を渡すことが課題とされています。難民がスマホを持っていれば解決しますが、現実的な解決方法ではありません。

そこで利用されるのがイーサリアムです。

難民キャンプの店舗にクーポンデータが送られ、難民はそのクーポンデータと引き換えにして食料を受け取ります。難民がクーポンを受け取ったかどうか証明する「虹彩認証(目の特徴を利用した認証)」の結果をイーサリアムにデータとして載せておくのです。

 

仮想通貨ゴーレム(Golem/GNT)の開発目的は?

仮想通貨ゴーレム(Golem/GNT)は「余分なコンピューターリソースを共有する目的で作られたプラットフォーム」です。

世界中のゴーレムネットワークへの参加者がコンピューターの稼働の一部分を少しずつ提供してもらうという分散型スーパーコンピューターの発想から、今までには不可能だった高度な計算が可能になりました。

仮想通貨ゴーレム(Golem/GNT)4つの特徴

仮想通貨ゴーレム(Golem/GNT)4つの特徴を紹介していきます。

 

独自性のあるプロジェクト

ゴーレム(Golem/GNT)はブロックチェーンを利用している独自性があるプロジェクトです。

世の中でコンピューターを利用している人のほとんどが、コンピューターのリソースを使い切ることができておらず、損をしていると言われています。

ここ最近流行っている「シェアリングエコノミー」を活用しているゴーレム(Golem/GNT)は、人々が使い切れていない余っているコンピューターリソースを最大限に利用することを可能にしています。

また、イーサリアムプラットフォームを利用しているゴーレムネットワークに接続している個人は好きな時にスーパーコンピューターを利用できるようになっているのも特徴であると同時にメリットです。

このような独自性のあるプロジェクト「分散型コンピューターネットワーク」を完全に構築することができれば、コンピューターのリソースを広くシェアできるようになります。なおかつ余分なコンピューターリソースを保持しておく必要がなくなるので、パソコンの購入価格が大幅に安くなることも予想できると言われています。

ユーザーに「この仮想通貨のプロジェクトに参加したい(利用させたい)」と思わせることは仮想通貨が社会全体に普及する上で欠かせない条件です。

ユーザーにメリットが多いゴーレムプロジェクトは社会全体に普及する可能性が高い仮想通貨だと言えるのではないでしょうか。

 

通貨単位GNTは全て発行済

ゴーレム(Golem/GNT)は2016年11月11日のICOの時点で10億GNT全てを発行完了しています。なので、ビットコインのようなマイニング(採掘)による新規発行はありません。

ゴーレム(Golem/GNT)を手に入れたい方が選択できるのは仮想通貨取引所や販売所で購入をする方法のみとなっています。

 

ロードマップが正確に作られている

ゴーレム(Golem/GNT)のプロジェクトは技術的にハードルが高いので、マイルストーンを正確に決めて開発を続けています。

開発スケジュールは以下の4段階です。

1段階目:Brass Golem(ブラスゴーレム)
2段階目:Clay Golem(クレイゴーレム)
3段階目:Stone Golem(ストーンゴーレム)
4段階目:Iron Golem(アイアンゴーレム)

 

2種類のユーザーが存在している

ゴーレム(Golem/GNT)では「プロバイダー」と「リクエスター」の2種類のユーザーが存在しています。

「プロバイダー」は使っていないコンピューターリソースを提供するユーザーのことを言います。ゴーレムネットワークにリソースを提供したことと引き換えに報酬を受け取ることができます。

「リクエスター」はコンピューティングパワーを購入するユーザーのことです。リクエスターはプラオバイダーから提供されたコンピューターリソースを購入することで分散型のスーパーコンピューターを利用することができます。

仮想通貨ゴーレム(Golem/GNT)のニュース

ゴーレム(Golem/GNT)に関する最新ニュースについて紹介していきます。

 

ICOから18ヶ月でベータ版サービスがリリース

ICOから18ヶ月経ってベータ版がリリースされました。なかなか動きが見られなかったゴーレム(Golem/GNT)に不安感を抱いていた方々にとっては安心材料となったニュースではないでしょうか。

ICOでの資金調達は820,000ETH、市場価格で約370億円という巨額の資金調達から18ヶ月後にあたる2018円4月10日にサービスのベータ版「Golem Brass Beta」をローンチしました。

今回のローンチで正式な仮想通貨市場参入を果たしたと言えます。しかし、それと同時に分散型ネットワークにおいてライバルである「SONM」と「iEXEC」との競争激化が始まることも意味しています。

 

大手仮想通貨取引所「BINANCE」で上場

ゴーレム(Golem/GNT)が中国の大手仮想通貨取引所である「BINANCE」に上場を果たしました。追加された通貨ペアは「GNT/BTC」「GNT/ETH」です。

BINANCEは2017年7月に設立された中国の仮想通貨取引所です。まだ日が浅いにも関わらず世界で5本の指に入る取引量を誇る仮想通貨取引所にまで急成長しました。

好調な業績を残している人気取引所BINANCEがゴーレム(Golem/GNT)を上場させたということは、間違いなく注目度が高い仮想通貨であると言えるでしょう。

仮想通貨ゴーレム(Golem/GNT)を購入可能な取引所

残念ながら国内取引所にはゴーレム(Golem/GNT)を購入可能な取引所はありません。購入するなら海外の取引所になります。ゴーレム(Golem/GNT)を購入できる海外取引所は8つあります。

 

BINANCE

BINANCEは中国の仮想通貨取引所です。90種類の仮想通貨取り扱いがあります。

手数料が格安なうえ、バイナンスコイン(BNB)払いをするとさらに半額の手数料になるお得さが好評です。また、化けそうな草コインが多く眠っていると言われています。

 

Bittrex

Bittrexはのアメリカにある世界最大規模の取引所です。アルトコインの種類は約250種類。

取り扱いがある仮想通貨の種類は圧倒的で、新しく公開されたばかりの仮想通貨をすぐに取引することができます。また、日本では買えないような仮想通貨を購入できるのも人気の理由の一つです。

 

Poloniex

Poloniexはアメリカの仮想通貨取引所です。

売買できるアルトコインの種類は100種類前後と少なめですが、売買量は世界トップクラスです。レバレッジをかけたマージン取引ができたり、レンディングが可能といった特徴がメリットとなっています。

Bitfinex

Bitfinexは香港の仮想通貨取引所です。40種類以上のコインを取り扱っています。

3.3倍でのレバレッジ取引が可能で、価格変動の激しいような仮想通貨に投資するのではなく、Margin Tradingで利益を出せることが人気の理由です。過去のハッキング被害の経験をもとに、セキュリティが強固になっています。

Huobi

Huobiは香港の仮想通貨取引所です。約90種類のコインを取り扱っています。

レバレッジ取引が可能、独自のトークン「Huobi Token(HT)」で手数料が最大50%割引といった特徴があります。また、分裂した仮想通貨への対応の早さはピカイチです。

Liqui

Liquiはウクライナの仮想通貨取引所です。約60種類の仮想通貨を取り扱っています。

LiquiといえばUIが使いやすいのが特徴的です。トップページが大画面チャートで、売買んフォームは下部に設置されています。レンディングが利用可能なのも人気の秘訣です。

OKEx

OKExはBINANCE、Huobiと並んで中国の3大仮想通貨取引所とされています。約90種類の仮想通貨を取り扱っています。

仮想通貨の取引量が多く、流動性が非常に高いので取引が成立しやすいことや、通貨ペアが多いことが特徴的です。先物取引を行う場合は、国内の仮想通貨取引所「bitbank Trade」が正規取次代理店となってくれるのも便利です。

Upbit

Upbitは韓国の仮想通貨取引所で、120種類以上の仮想通貨を取り扱っています。

韓国のメッセンジャーアプリカカオトークをリリースした「カカオ社」のグループ企業が運営しています。アメリカの仮想通貨取引所「Bitttrex」との独占的パートナー提携を果たしたことで注目を浴びました。

仮想通貨ゴーレム(Golem/GNT)を管理可能なウォレット

ゴーレム(Golem/GNT)を管理できるおすすめウォレットは3種類あります。

それぞれのウォレットを解説していきます。

MyEtherWallet & Mist

MyEtherWalletはパソコン上で操作が可能なデスクトップウォレットです。

ウェブウォレットのようにサーバー上に秘密鍵を保管しているわけではないので、MyEtherWalletのサーバーにサイバー攻撃がされても秘密鍵が漏洩することがないので安心です。イーサリアム公式のデスクトップウォレット「Mist」と連携させるのもおすすめです。

LedgerNanoS

セキュリティ面で最強なハードウェアウォレットのLedgerNanoSはゴーレム(Golem/GNT)以外に約20種類もの仮想通貨をまとめて管理することができます。

高銀痛価格が1万円越えとやや高価ですが品薄になるほどの人気ぶりです。

jaxx

jaxxはデスクトップウォレットおよびモバイルウォレットです。頻繁いしさんを確認したい方はデスクトップウォレット、外出先でも確認したい方はモバイルウォレットがいいかもしれません。

また対応している通貨が多く、分かりやすく使いやすいUIで初心者でも簡単に操作することができます。

ゴーレム(Golem/GNT)のまとめ

ゴーレム(Golem/GNT)は非常に利便性の高いシステムを構築している仮想通貨です。

仮想通貨としてはまだまだマイナーですが、「パソコンのスペックを向上させたい」「使っていないリソースを提供する代わりに報酬が欲しい」という方々は大勢いるはずなので、ゴーレム(Golem/GNT)のユーザーは増えていくことが予想されています。

これから価格が爆上げになる可能性も十分にありますので、値上がりする前に購入することをおすすめします。

LINEで送る
Pocket

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

《無料》仮想通貨で稼ぐための秘訣 | 4つの仮想通貨ビジネスから分析【bitmanagementのLINE@登録者限定】

こちらは、仮想通貨で稼ぐための秘訣です。 本書は、仮想通貨(暗号通貨)で利益を出すために必要な情報と知識を4つのビジネスから分析して記されています。
  • 仮想通貨(暗号通貨)トレード
  • マイニング
  • アービトラージ(裁定取引)
  • ICO(未上場コイン)
この資料をダウンロードすれば仮想通貨で稼ぐために必要な知識や情報が分かります。4つのビジネスが「どのような仕組みなのか」、「注目すべきポイントはどこであるのか」など仮想通貨で稼ぐためには必要である知識や情報が精査され分かりやすく記載されています。

LINE@に登録して無料特典を受け取る

オススメの記事