2018.06.04 アルトコイン

<基礎>仮想通貨のイーサリアム(Ethereum,ETH)とは?基本情報や仕組み、今後の値動きについて解説

LINEで送る
Pocket

仮想通貨の中でも、ビットコインの次に有名なのがイーサリアムですよね。仮想通貨への投資を考えた時に、真っ先に思い浮かぶ通貨の1つではないでしょうか。

イーサリアムの技術や将来性は、時に「ビットコイン以上だ」とも言われるくらい期待されています。

そんなイーサリアムですがどんな特徴を持っていて、他の通貨と何が違うのかよく分からないという人も多いと思います。そこで仮想通貨イーサリアム(Ethereum/ETH)について、その仕組みや特徴を分かりやすく解説します。

またイーサリアムの注目ニュース、おすすめの取引所・ウォレット等、イーサリアムについてぜひ知っておきたい情報をあわせてご紹介します。

イーサリアム(Ethereum/ETH)とは

イーサリアムは現在、ビットコインに続いて時価総額ランキング2位の仮想通貨です。(2018年5月現在)

ビットコインと同じくブロックチェーン技術を利用していますが、ビットコインよりもさらに高性能な技術が取り入れられています。

これはイーサリアムが、ビットコインよりも後に開発されたためです。

まず「イーサリアム」は通貨の名称であるというより、ブロックチェーン技術を誰もが使えるようにするための”プログラム”の名称です。

ビットコインを始めとする仮想通貨の多くは、スマートコントラクトを実現することを理念としていますよね。

「ブロックチェーン技術を使って、個人と個人が直接、自由にお金やモノをやり取りできる」というのがスマートコントラクト。

大企業や仲介業者が間に入らなくても、モノの売り買いができたり、家が借りられたりするようになります。

しかし現在ブロックチェーンは非常に複雑な特殊技術であり、個人が簡単に取り入れられるものではありません。

そこですべての基盤となるプラットフォームを開発して、そこで誰もがブロックチェーンを活用できるようにしよう!と生まれたのがイーサリアム(Ethereum)です。

そしてそのプラットフォームとなるプログラムの中で使われるのが、「イーサ(ETH)」と呼ばれる基軸通貨です。

つまりプラットフォームとなるプログラムの名称が「イーサリアム(Ethereum)」で、そこで使う通貨の名称が「イーサ(ETH)」ということです。

とはいえ一般的には、取引所でも通貨の名称として「イーサリアム(Ethereum)」が使われています。

イーサリアム(Ethereum/ETH)の基本情報

イーサリアムの誕生

イーサリアムは2013年にVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)によって開発されました。そして2015年7月に公開され、現在はEthereum Foundationが運営しています。

ビットコインが生まれたのが2009年なので、それよりも後に開発されたということになります。

開発者であるヴィタリック・ブテリンはブロックチェーン技術に魅了され開発に関わる中で、「ブロックチェーンを誰でも使えるようにするシステムが必要だ」と考え、イーサリアムを開発しました。

通貨としてのイーサリアム(ETH)は2018年1月に高騰し、一時1ETH=160,000JPYをつけました。

2018年5月現在は、1ETH=約80,000JPY前後で推移しています。

全てのプラットフォームとなるイーサリアム(Ethereum)

先にも述べた通り、イーサリアムは誰もがブロックチェーン技術を活用して、様々な取引ができるプラットフォームとして開発されました。

とはいえプラットフォームとはいったいどんなものなのでしょうか。イーサリアムは何をしようとしているのでしょうか。

分かりやすく説明するために、iOSアプリ、Androidアプリを想像してみてください。

例えば「ゲームアプリを作って売ろう!」と考えたとき、まずアプリを開発・作成する必要がありますよね。

この時AppleやGoogleといったプログラムを使うことにより、高度な特殊技術をすべて学ばなくてもアプリの開発ができます。

そしてアプリを買う側も同じく、AppleやGoogleというプラットフォームがあることにより、簡単にアプリをダウンロードしたり使ったりできます。

このAppleやGoogleのようなすべての土台となるプログラム、プラットフォームとなるのがイーサリアムです。

イーサリアムがプラットフォームになることで、モノを売りたい人や資金調達をしたい人など、いろんな取引をしたい人はそのプラットフォームに集まり、共通の通貨イーサ(ETH)を使って手軽にやり取りができるようになるという仕組みです。

発行上限枚数とブロック生成時間

イーサリアム(ETH)はビットコインと同じように、ブロックチェーン技術を利用した仮想通貨です。

しかしビットコインとは異なる点もいくつかあります。

まず、イーサリアムは発行上限枚数が決められていません。ビットコインはもともと発行上限枚数が2100万枚と決まっており、上限まで発行されればそれ以上は増えないようプログラムされています。

それに対してイーサリアム(ETH)は今のところ、発行上限枚数が決まっていません。(2018年5月時点)

かといって、無限に発行され続けるということではなく、”今のところ”決まっていないだけです。将来的にはイーサリアム(ETH)も発行上限枚数を設けることが予定されています。

次にビットコインと違う点は、「ブロックの生成時間」です。

イーサリアム(ETH)は、ビットコインよりもブロックの生成時間が短いという特徴があります。

ビットコインのブロック生成時間が約10分であるのに対し、イーサリアム(ETH)は約15秒ほどです。

ビットコインはこれまで取引の承認までに時間がかかってしまい、送金が遅くなることが問題視されてきました。

これに対しビットコインより後に開発されたイーサリアムは、この承認までの時間を短縮しました。

ブロック生成時間が短縮されたことで、送金を速く処理することができ、手数料も低く抑えられます。

このことからイーサリアム(ETH)は、「マイクロペイメント(少額決済)」に向いていると言われます。

しかし、実際にはイーサリアム(ETH)も送金需要が多く、2018年1月にはビットコイン同様に遅延が頻繁に起きていました。

仮想通貨イーサリアム(Ethereum/ETH)4つの特徴

スマートコントラクト技術で取引内容に加え、契約内容も記録できる

「イーサリアムといえばスマートコントラクト」と言われるほど、スマートコントラクトの技術はイーサリアムの大きな特徴です。

イーサリアムのブロックチェーン技術では取引記録だけでなく、その取引の契約内容まで保存できます。

これにより、イーサリアムはスマートコントラクトを実現することができるのです。

どういうことかというと、例えばAさんがBさんから1ETHのリンゴをいくつか買うとします。

・取引記録とは…
「AからBに〇ETH送金した」という取引事実に関する情報

・契約内容とは…
「×日までに送金がなかった場合はキャンセル」、「リンゴを3つ買った場合は4つ目が無料」などといった契約の具体的な内容

ビットコインのブロックチェーン技術では、ブロックに記録されるのは取引記録だけです。これに対してイーサリアムは取引記録に加え、上記にあるような契約の内容までブロックに保存することができます。

「個人と個人がブロックチェーン技術を使って、仲介業者を介さずに直接自由に取引をする」ということがスマートコントラクトの概念ですよね。

スマートコントラクトを可能にして、手軽に、自由に取引するには

「Aから送られたETHの額に合ったリンゴを配送」

「〇〇の場合はキャンセル」

といった取引の条件(契約内容)を、ブロックチェーンのシステムにあらかじめ組み込んでおく必要があります。

こうした取引内容まで記録できるのが、イーサリアムのスマートコントラクト技術です。

分散型アプリケーションDApp

またスマートコントラクトを実現するための、「分散型アプリケーション(DApp)」を作ることができるというのもイーサリアムの特徴です。

分散型アプリケーション(DApp)とは、ブロックチェーンやスマートコントラクトの技術を活用したアプリケーションの総称です。

イメージとしては例えばイーサリアム自体がAppleだとすると、DAppは数あるiOSアプリの総称だと考えてください。

分散型アプリケーション(DApp)はブロックチェーン技術を利用したアプリケーションなので、特定の管理者がいません。

管理者が存在せず、権限がどこかに集中することがないということで”分散型”と呼ばれます。

イーサリアムというプラットフォームを使えば、誰でもDAppを作ることができ、そのDAppを使って自由に取引ができるということになります。

ERC20を使うことでICOを容易に

ERC20とはイーサリアムが発行する、イーサリアムのプラットフォーム上で使用するトークンです。

このトークンを使えば、高度な技術を要するICOでの資金調達が容易になります。

通常ICOで資金を集めようとすると、自社コインを開発して、独自のウォレットを作って…と多大な労力がかかります。

また投資する側も、投資するコインに対応するウォレットをそれぞれ用意しなくてはいけません。

ポイントカードが会社ごとにバラバラだとカードの管理が大変なように、統一されていないシステムはとても不便ですよね。

しかしこのERC20を使えばICOで資金調達する側は、独自コインのシステム開発の手間が省けます。

投資をする側にとってもERC20に対応したコインであれば、ひとつのウォレットでまとめて管理できるので便利です。

まさにICOにおいて、イーサリアムがプラットフォームの役割を果たすということですね。

計画的にハードフォークを行っている

イーサリアムのもう一つの大きな特徴として、計画的にハードフォークを行い、システムのアップデートをしているという点があります。

最初から全4段階のハードフォークが計画されていて、定期的に技術が更新されます。

この4段階のハードフォークの中では、何をアップデートするかもだいたい決められていて、今はすでに第3段階まで終了しています。

これまでのハードフォークでは、匿名性が強化されたり、PoWという承認方法にかわるPoSという承認方法を採用するためのアップデートが進んできました。

次回の最終アップデートはまだ決まっていませんが、2018年内に行われるのではと言われています。(2018年5月時点)

仮想通貨イーサリアム(Ethereum/ETH)のニュース

イーサリアムのキャスパーアップデートが進む

イーサリアムは計画的なハードフォークでシステムのアップデートを進めており、現在「Casper」という新たな承認方法を開発しています。

イーサリアムは2018年5月に、このCasperの最新バージョンをリリースしました。

これによりイーサリアムのマイニング報酬は0.6ETHに下がります。

イーサリアムはこれまでビットコインと同じPoW(Proof of Work)という承認方法を採用してきましたが、Powは莫大な電力消費やコストの問題があります。

そこで電力消費を抑えた持続可能な通貨を目指して、PoWとPoSを組み合わせた、「Casper」と呼ばれる承認方法を実装しようと開発が進んでいます。

このCasperの開発動向はETHの価格にも影響を与えるため、多方面から注目されています。

今後Casperの導入やアップグレードが順調に進めば、価格は今より高騰する可能性が高くなります。

イーサリアム(ETH)は年内に16万円~27万円になる?

イーサリアムの今後の価格予想は様々なところで議論されていますが、有名実業家でRadditの創業者であるアレクシス・オハニアンの大胆予想が注目を集めました。

彼は2018年内にイーサリアム(ETH)の価格は160万円にまで達するという強気予想を発表しました。

しかしその後この価格予想は160万ではなく、16万円だと訂正されています。

また金融コンサルティング会社deVere Groupは、2018年末にはイーサリアム(ETH)の価格が27万円まで上がると予想しています。

いずれにせよ2018年5月現在のイーサリアム(ETH)の価格は約8万円前後なので、2倍以上値上がりすると予想されています。

仮想通貨イーサリアム(Ethereum/ETH)を購入可能な取引所

イーサリアムはビットコインなどと同じように、取引所か販売所で購入できます。

人気通貨で取引量も多いので、国内のほとんどの取引所/販売所で取り扱われています。

ビットフライヤー(BitFlyer)

国内最大手の取引所でシステムもしっかりしており、信頼性やセキュリティの高い取引所です。

日本円かビットコイン建てでイーサリアムを購入できます。

携帯アプリやサイトも扱いやすく、初心者でも安心して取引ができますが、手数料はほかに比べて少し高くなります。

ビットバンク(bitbank.cc)

こちらもセキュリティの高い取引所のひとつで、初心者でも安心して取引ができます。

アプリやサイトも使いやすく、手数料も安く抑えられています。

イーサリアム以外のアルトコインも取り扱っているので、これからいろんな通貨を取引してみたいという人にはおすすめです。

ビットポイント(BITpoint)

2016年にできた比較的新しい取引所で、日本円以外でも様々な通貨ペアでイーサリアムの取引ができます。

現物だけでなく、レバレッジ取引もできます。
手数料も安いので、頻繁にトレードをするという人にはおすすめです。

ザイフ(Zaif)

Zaifは手数料の安さが人気です。「マイナス手数料」で評判になっています。

スプレッドも小さく、日本円で指値注文ができるので、頻繁にトレードをする人におすすめです。

たまにサーバーのトラブルが発生して、アクセスできなくなることもありますが、有名どころなので比較的安心して取引ができます。

GMOコイン

FX最大手のGMOグループ傘下が運営しているので、信頼性の高い取引所といえます。

比較的新しい取引所なので取り扱いコインは多くありませんが、全体的にシステムも扱いやすくなっています。

ETHの現物手数料や、出入金手数料が無料です。

これまでFX取引などで、GMOのサービスを既に使ったことがある人には特におすすめです。

仮想通貨イーサリアム(Ethereum/ETH)を管理可能なウォレット

イーサリアム(ETH)を保管するためには、ほかの仮想通貨と同じくウォレットを用意する必要があります。

イーサリアムのウォレットには以下のような種類があります。

  • 取引所ウォレット
  • WEBウォレット
  • デスクトップ式ウォレット
  • ハードウォレット
  • モバイルAPPウォレット
  • ペーパーウォレット

イーサリアムに限らず、仮想通貨はハッキング等のリスクをできる限り回避しなければなりません。

セキュリティ対策のためにも、取引に使わない分のイーサリアムはできるだけコールドウォレットに入れて保管することをおすすめします。

イーサリアムはウォレットの種類も豊富なので、それぞれの目的や保有スタイルによって使い分けましょう。

bitFlyerウォレット:取引所ウォレット

取引所ウォレットはハッキング等のリスクがあるため、多額の資金を保管するのにはおすすめできません。しかし保有量が少ない人や、頻繁に売買を繰り返す人には取引所ウォレットは便利です。

日本最大手のbitFlyerであれば、Webサイトもアプリも見やすく、スマートフォンでも簡単に操作できるため、ウォレット管理が手軽に行えます。

またbitFlyerは、万が一の場合の補償制度もしっかりしているので安心です。

《こんな人におすすめ》

  • まずは少額からイーサリアムを保有してみたい
  • 短期トレードを繰り返して利益を出したい

mist:デスクトップ式ウォレット

mistはイーサリアム公式のウォレットで、パソコンにダウンロードするタイプのウォレットです。公式なので安心で、サービスも充実しています。

ただデータの容量が大きいので、タブレットやノートパソコンで使うのはおすすめしません。

《こんな人におすすめ》

  • 公式の安全なウォレットを使いたい
  • イーサリアムのマイニングを行っている

MyEtherWallet:デスクトップ式ウォレット

こちらは海外サービスですが、日本語対応しているので国内のイーサリアムユーザーにも人気のウォレットです。

パソコンにダウンロードするデスクトップ式ですが、ハードウォレットと連携して使ったり、ペーパーウォレット化することもできます。

《こんな人におすすめ》

  • イーサリアム(ETH)以外に、イーサリアムクラシックやイーサリアムベースのトークンも使ってみたい
  • いろんな機能のついたウォレットがいい

Ledger Nano 5:ハードウォレット

フランスの会社が提供する、世界中で使われているハードウォレットです。

USBタイプで気軽に持ち運びでき、何よりハードタイプはハッキングのリスクが低いのでセキュリティ面で安心です。イーサリアム以外の仮想通貨にも対応しているので、一括で管理することができます。

《こんな人におすすめ》

  • イーサリアム以外の複数の仮想通貨を保有している人
  • セキュリティをより重視する人

METAMASK:WEBウォレット

こちらはGoogle chromeのウォレットアプリでウェブウォレットなので、オンラインで管理するアプリです。

面倒な設定がいらず気軽に管理できる反面、ネットワークに繋がっているため、ハッキングのリスクがあります。高額のイーサリアムを保管するのには向いていません。

《こんな人におすすめ》

  • ウォレット管理の手軽さを重視する人
  • イーサリアムを少額のみ保有するつもりの人

JaXX:モバイルAPPウォレット

ジャックスはスマートフォンでも管理できるウォレットアプリです。

イーサリアム以外にも複数の通貨を保管できます。複数の端末で管理できるほか、パソコンにインストールして使うこともできるので便利です。

《こんな人におすすめ》

  • ウォレットをスマホで管理したい
  • パソコンとスマホを連携させてウォレットを使いたい

イーサリアム(Ethereum/ETH)のまとめ

イーサリアムは1000種類以上ある仮想通貨の中でも人気の高い通貨で、その技術も高く評価されています。

2017年5月にはトヨタ自動車や三菱UFJ銀行がイーサリアム企業連合(EAA)への参加を発表したほか、Microsoftもイーサリアムを支持しています。

EAAはイーサリアムのブロックチェーン技術を利用したサービス開発を共同で進めていて、世界100社以上の企業が参加しています。

イーサリアムの技術は、企業の情報管理や、契約の効率化という面でこれから活躍しそうです。将来的に幅広い企業活動で利用されるようになれば、ETHの価格も大幅に上がるのではないかと予想できます。

イーサリアムは現在すでに多方面で注目を集めているので、今後最先端の技術としても、通貨としても将来性を期待できるのではないでしょうか。

LINEで送る
Pocket

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

《無料》仮想通貨で稼ぐための秘訣 | 4つの仮想通貨ビジネスから分析【bitmanagementのLINE@登録者限定】

こちらは、仮想通貨で稼ぐための秘訣です。 本書は、仮想通貨(暗号通貨)で利益を出すために必要な情報と知識を4つのビジネスから分析して記されています。
  • 仮想通貨(暗号通貨)トレード
  • マイニング
  • アービトラージ(裁定取引)
  • ICO(未上場コイン)
この資料をダウンロードすれば仮想通貨で稼ぐために必要な知識や情報が分かります。4つのビジネスが「どのような仕組みなのか」、「注目すべきポイントはどこであるのか」など仮想通貨で稼ぐためには必要である知識や情報が精査され分かりやすく記載されています。

LINE@に登録して無料特典を受け取る

関連記事

オススメの記事