2018.06.04 ビットコイン

<基礎>仮想通貨のビットコイン(Bitcoin,BTC)とは?基本情報や仕組み、今後の値動きについて解説

LINEで送る
Pocket

2017年に入り、「仮想通貨」という存在が一躍有名になりました。

そんな仮想通貨の中でも、特に注目されたのが「ビットコイン」です。

ビットコインの価格は急騰を見せ、この仮想通貨ブームの波に乗ろうと、多くの投資家たちが市場に参入してきました。

上手に価格急騰の波に乗れた人たちの中には、仮想通貨投資のおかげで、資産が億単位まで到達した「億り人」と呼ばれる投資家たちも現れました。

2018年になってからは少し落ち着きを取り戻した仮想通貨市場ですが、現在も第2の仮想通貨ブームを逃すまいと、動向を見守る多くの投資家がいます。

今回は、この仮想通貨ブームの火付け役となった「ビットコイン」について、基本的な情報を整理し、「今後の価格の値動きはどうなっていくのか」「ビットコインに投資するタイミングはいつなのか」といった内容についてまとめていきます。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)とは

ビットコインは、2017年の8月頃に驚異的な価格の高騰をみせたことで、メディアでも大きく取り上げられた「仮想通貨」の一つです。

仮想通貨は文字通り、通常の通貨にあるようなコインや紙幣(日本円なら100円玉や1000円札)がなく、インターネット上でやり取りが行われる「デジタルデータ」に、通貨としての価値を持たせたものです。

ビットコインはもともと「暗号通貨」の一種として、2008年に「サトシ・ナカモト」と呼ばれる人物が、論文を発表したことで誕生しました。

翌年2009年からそのプログラムの運用が開始されています。

初めは世界中どこでも利用できる「通貨」として作られたわけではなく、「暗号通貨」の実験のために作られていました。

暗号通貨とは、暗号技術を利用することで、偽造や改ざんといった不正行為を防ぐことができる通貨のことです。

この「暗号通貨」ですが、みなさんがよく耳にする「仮想通貨」と特に違いはありません。

実は世界では「暗号通貨」と呼ぶのが一般的です。「仮想通貨」という呼び方をするのは日本語と韓国語だけ。

今は日本語で書いているので、みなさんにも馴染みのある「仮想通貨」で統一します。呼び方が異なるだけで、どちらも「暗号技術を利用して作られた通貨」のことを意味しています。

日本円なら「円/JPY」、アメリカドルなら「ドル/USD」というように、仮想通貨にも単位が用意されています。

ビットコインの単位は「BTC」で、「1BTC=○○円」と表現されます。

実は、「BTC」の他に、「Satoshi」という単位が使われることもあります。「1Satoshi=0.00000001BTC」です。

ビットコイン以外のマイナーなコイン1枚が何BTCに相当するのか、という話をする際に小数点を使わなくてよくなるので、「○○が10satoshiから1000satoshiに暴騰した!」というような言い方をします。

現在、お店や通販サイトなどで買い物をした際に、ビットコイン決済が導入されていれば、ビットコインで支払いが可能となっており、着実に一つの「通貨」としての存在感が高まってきているところです。

しかし、ビットコインと聞くと「決済手段としての通貨」よりも、「投資対象物としての通貨」というイメージを強く持つ方が多いのではないでしょうか。

ビットコインが投資・投機の対象とみられるのは、円・ドル・ユーロといった「法定通貨」の為替レートと同様に、価格が常に変動しているためです。

ビットコインの価格変動率は、他の仮想通貨の変動率よりも高いことで知られています。

長期的に見てもその価格変動はすさまじく、2013年は「1BTC=1940円」ほどでしたが、2017年12月には最高値「1BTC=240万円」にまで達しました。

このように価格が日々変動していることから、ビットコイン投資では「値上がり益(キャピタルゲイン)」を狙うことが基本となっています。

つまり、低い価格でビットコインを購入し、高くなったら売るという取引をすることで、売買差益を狙う投資方法です。

2017年に仮想通貨市場は大きな盛り上がりを見せました。

その理由は、投資にあまりなじみのない人たちも、キャピタルゲインを狙って仮想通貨投資を始めたからです。

投資初心者の人たちを引き付けた魅力の一つが、ビットコインを含め、仮想通貨の多くが「かなり少額から購入できる」という点です。

仮想通貨の取引所によって異なりますが、基本的には数十円単位から取引することが可能となっています。

また、FXの為替市場や株式市場とは異なり、仮想通貨は24時間365日取引可能というポイントも、仮想通貨投資を始める初心者が増えた理由の一つとなっています。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の基本情報

投資において重要なことは、投資対象のことをしっかりと理解することです。

ここでは、ビットコインの基本情報についてまとめていきます。

ビットコインの時価総額・価格・値動き

ビットコインは、数ある仮想通貨の中で、最も取引されている仮想通貨です。

現在のビットコインの時価総額は約16兆円となっており、仮想通貨の中でダントツ1位です。2位のイーサリアムに2倍の差をつけています。

1日の取引数量はおよそ7700億円で、これも2位のイーサリアムとは倍以上の差があります。

この数字だけで、ビットコインの規模が非常に大きいことがイメージできると思います。

また、ビットコインは、この莫大な時価総額と取引数量のおかげで、仮想通貨の中で最も信頼性が高いといわれています。

取引数量が多いということは、それだけ多くの投資家がビットコイン投資に参加しているということです。

取引する投資家が増えるにつれて、ますますビットコインの流動性が高まり、その結果新たな投資家もビットコイン投資に流れてきています。

ビットコインは誕生してから、価格上昇の一途をたどってきました。

特に2017年に入ってからは、ビットコインの価格が約20倍も跳ね上がっています。

2017年1月時点で、およそ12万円だったビットコインの価格が、12月に200万円に到達したのです。

ビットコインの値動き自体は、他の仮想通貨と比較するとそこまで大幅な変動を見せるわけではありません。

ただし、国の経済危機や財政危機、北朝鮮のミサイル問題など「法定通貨の信頼性が下がる出来事」が発生したり、仮想通貨を扱う事業者に関して「法規制」が導入されたりしたことで、ビットコインの注目度が上がり、価格が上昇する機会が何度もありました。

2018年5月現在のビットコイン価格は約96万円です。

2018年に入ってからは、価格急騰後の調整や、コインチェックの仮想通貨流出事件の影響で、大きく価格を下げることになりました。

今後の値動きがどのようになるのかは、だれにも分かりませんが、2017年のように「ビットコインを始めとする仮想通貨の価値を高めるような出来事」または「法定通貨の信頼性を下げるような出来事」が発生すると、再び200万円台に向かって価格が上昇する可能性は考えられます。

マイニング

ビットコインを手に入れる方法には、業者からビットコインを購入したり、取引所で買ったり、誰かにビットコインを送ってもらったりする方法があります。

そのビットコイン取得方法の一つに「マイニング」というものがあるのをご存知でしょうか。

マイニングとは、「マイナー(採掘者)」と呼ばれる有志の人たちが、コンピューターを使って計算を行い、最初に計算を完了したマイナーに、報酬を与えるというシステムのことです。

マイナーはマイニングによる報酬で、ビットコインを獲得することができます。

ビットコインをお店で利用できる

ビットコインが一躍有名になったことを受けて、ビットコイン決済を導入する店舗が増えてきています。

なかには、「ビックカメラ」のような全国展開している店舗もあります。

今後も、ビットコイン決済を導入する店舗数が拡大すると予測されています。

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)4つの特徴

ここからは、ビットコインブームが巻き起こった理由の一つともいえる「ビットコインの特徴」について解説していきます。

なぜビットコインを購入したいと考える人たちが増えているのか、特徴をしっかり理解しながら考えていきましょう。

 

特徴1:個人間の直接送金を早く、格安でできる

これまで送金というと、銀行などの金融機関に仲介してもらっていました。

送金側と受取側の間に、金融機関が介入するため、送金するときに仲介料がかかってしまします。また、送金時間も早いとはいえません。

しかし、ビットコインは「中央管理者がいない」仮想通貨なので、インターネットを利用して直接送金することが可能になっています。

また、そもそも仲介業者がいないので、時間とコストを抑えて送金することができます。具体的には、円やドルなどの国際送金にはたいてい手数料が5000円程度、所要時間が1日から1週間程度かかるのが現状です。

セキュリティー上、手続きの工程の省略には限界があるので、致し方ないのです。

一方ビットコインでは、手数料が1000円程度、所要時間は10分から数時間と、大幅にコストを削減できます。

特徴2: 電子マネーとは異なり「価値が変動する」

ビットコインを含む仮想通貨には「価値が変動する」という特徴があり、この点が、仮想通貨ブームを発生させた一番の要因であると考えられます。

これから仮想通貨について学んでいこうと考えている方は、「仮想通貨」と「電子マネー」の違いをまだ理解しきれていないのではないでしょうか。

仮想通貨と電子マネーは、似たようなものに感じますが、その性質は全く異なります。

異なるポイントの一つが、「価格変動の有無」です。

電子マネーにチャージした金額は、使うことで減ることはありますが、「増える」ことはありません。

1000円チャージした後、利用していない状態であれば、使える金額は1000円で変わることはありません。

コンビニで500円買い物をして電子マネーで支払いをした場合は、使える金額が残り500円になります。

一方、ビットコインは24時間365日価格が上下に変動しています。

昨日は保有しているビットコインの価値が1000円分あったのに、今日になったら1100円に価値が上がっているということもあります。

もちろん反対に、昨日の時点では1000円分の価値があったのに、今日は900円分の価値しかないということも起こりえます。

その他の違いとして、電子マネーは発行元が企業で、「前払い」の性質があるのに対し、ビットコインは発行元が存在せず、「購入して利用する」という性質があるという点が挙げられます。

電子マネーは、支払いを「前払い」するかたちになっています。実際に電子マネーで支払いをした後、ICカードの使用履歴に応じて実際の支払いが行われます。

一方で、ビットコインはそもそも発行元がありません。発行は有志のマイナーによるマイニングによって行われるからです。

利用者は、取引所からビットコインを購入し、それを「ウォレット」と呼ばれる「仮想通貨のお財布」に保管します。

支払いをするときは、ウォレットから直接支払いすることになります。

このように、ビットコインと電子マネーは似て非なるものです。

特徴3:中央管理者がいない

ビットコインの最大の特徴は、「中央管理者がいない」ということです。

銀行の場合、みなさんが持っている銀行口座は銀行によって管理されています。利用者は、銀行を仲介することで、振込みや送金などを行います。

一方で、ビットコインにはシステムの管理者が存在しません。

ブロックチェーン技術を利用して、システム参加者全員で管理する仕組みになっています。「ブロックチェーン」は、ビットコインの安全性を担うシステムといわれています。

ブロックチェーンを利用すると、第三者からの取引履歴の改ざんを防ぐことが可能で、世界中のユーザーによって維持・管理されているという特徴があります。

ブロックチェーンは、常にシステムを維持する参加者によって監視されており、高い信用性が実現しています。

また、中央管理者が存在しないことで、仲介コストを必要としない、仲介による時間のロスが発生しないといったメリットがあります。

特徴4:発行枚数制限がある

ビットコインを始め、多くの仮想通貨には「発行枚数制限」が設定されています。ビットコインの発行枚数の上限は「2100万BTC」です。

さらに、ビットコインの場合、1年間の発行数量も決まっており、年間発行量が4年ごとに減少する仕組みとなっています。

このため、日本円やアメリカドルなどの法定通貨とは違い、市場の状況によって「発行量が上下することはない」のです。

市場に発行されている通貨量が変わらないということは、何らかの理由でビットコインの価値が高まり、投資家からの需要が増加すると、ビットコインの価格が上昇する可能性が高いと考えることができます。

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)のニュース

これまでビットコインは、法定通貨の不安材料や戦争リスクなどに関するニュースが発表されると、価格が上昇する傾向にありました。

ビットコインに限らず、仮想通貨はニュースによって、価格に大きな影響が及びます。

適切な投資のタイミングを見極めるためにも、常日頃から、仮想通貨のニュースをチェックしておくことが大切です。

各国の規制強化が進む

2018年に入り、世界各国の仮想通貨に対する規制強化の流れが強まっています。

インドでは、銀行などの金融機関に対し、仮想通貨の取り扱いを禁止しました。

中国政府は、ビットコインのマイニングを制限する措置を導入しており、ビットコイン市場に打撃を与えています。

日本でも、1月に、国内最大手仮想通貨取引所である「コインチェック」から、約580億円の「ネム(NEM/XEM)」が流出した事件を受け、金融庁が事業所監督の厳格化を図っています。

韓国政府も、仮想通貨取引を行う投資家の身元確認を厳格化する動きを見せています。

このような、ビットコインをはじめとする仮想通貨市場に対しての「規制強化」が、最近のビットコイン価格の下落の一因と考えられます。

しかし、規制強化は「仮想通貨そのもの」を否定しているわけではなく、利用者の安全を確保し、より健全な市場を作るための措置と考えることもできます。

長期的にみると、悪質な事業所や投資家、通貨などが市場から淘汰されることで、より安全で信用度の高い仮想通貨市場が完成する可能性もあります。

そうなると、時価総額・取引数量・知名度ともに仮想通貨の中でトップのビットコインは、さらに価値を高める動きになるかもしれません。

企業が仮想通貨市場に続々参入

各国の規制強化が進む中で、最近では、大企業が仮想通貨市場に参入するというニュースもよく目にします。

日本国内では、NTTや楽天、リクルートといった大企業が参入を発表しています。

海外でも、Google、Apple、Microsoftという名だたる企業が、すでに仮想通貨市場に参入しています。

国内外の様々な企業が、今後もビットコインに関する投資や事業提携、新規事業の開発、ビットコイン決済の導入を積極的に進めていくと、ビットコインの需要がますます高まっていきそうです。

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)を購入可能な取引所

ビットコインを最も手軽に取得する方法は、取引所での購入です。

ここでは、ビットコインを購入できるおすすめの仮想通貨取引所をご紹介します。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)

国内取引数量・ユーザー数・資本金が3年連続第1位の「ビットフライヤー」は、日本最大の仮想通貨取引所であり、初心者の方でも安心して取引できます。

不正ログイン保証サービスやビットコインを1秒で送金できるサービスも提供しています。

その他、楽天市場などでネットショッピングすると、ビットコインをゲットできるサービスもあります。

ビットコインの現物取引手数料が最大0.15%と、他の業者よりも高めに設定されていますが、株主にメガバンクがいる、強度の高い暗号化通信を採用しているなど、安全性を重要視する方におすすめです。

Zaif(ザイフ)

ビットコイン取引を行うとお金をもらうことができる「マイナス手数料(取引価格0.01%)」という魅力的なサービスを提供しているのが、「ザイフ」です。

取引所「ザイフ」を運営しているのが「テックビューロ社」です。

テックビューロは、「預かり暗号通貨管理の強化」や「取引所システムインフラの強化」を行っているため、非常に信用度が高く、自分の資産をしっかりと守りたいという方におすすめです。

また、「Zaifコイン積立」という積立サービスを利用すると、毎月一定額のビットコインを自動で購入できます。

口座から自動引き落としになっており、面倒な作業無しで、ビットコインを取得することが可能です。

bitbank(ビットバンク)

国内最大の仮想通貨ニュースサイト「BTCN」を運営している「ビットバンク」もおすすめです。

ビットバンクは、ビットコインの管理を厳格化しており、利用者の資金を別の銀行で管理する体制をとっています。

現物のビットコイン取引の手数料は無料となっており、売買手数料を抑えたい人にもおすすめです。

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)を管理可能なウォレット

コインチェック事件で露呈した、仮想通貨取引所の管理体制の「ずさんさ」によって、「ウォレット」の重要性が再認識されています。

ビットコインは「デジタルデータ」なので、通常の通貨とは異なり、銀行口座や財布、金庫などにしまっておくことはできません。

そこで「ウォレット」と呼ばれる仮想通貨専用の財布の中に、個人データを入れて管理することが必要です。

通常、「取引所」で仮想通貨を購入した後、購入した通貨をそのまま、取引所内に保管しておくことも可能です。この時は、「取引所のウォレット」に保管している状態になっています。

「取引所のウォレット」は、セキュリティー面で不安がありますが、通貨の保有量が少ない方や、頻繁に取引所で売買を行う方にとっては利便性の高い保管方法です。

「取引所のウォレット」の利用を検討している場合には、国内業者で最もセキュリティーの技術が高い「ビットフライヤー」を利用すると良いです。

また、取引所ウォレットの他にも、「よりセキュリティーが強固なウォレットを利用したい」「便利でわかりやすいウォレットで保管したい」といった投資家のニーズに合わせて、様々な種類のウォレットが用意されています。

投資を始める前に、ビットコインの安全・便利な保管に適したウォレットを準備しておきましょう。取引所以外では、ビットコインの場合は以下のようなウォレットがあります。

1. 取引所のウォレット
2. デスクトップウォレット(パソコンにインストール)
3. ウェブウォレット(インターネットを利用した通信ウォレット)
4. モバイルウォレット(スマートフォンアプリのウォレット)
5. ハードウォレット(USBのような端末を利用したウォレット)
6. ペーパーウォレット(紙で保管するウォレット)

ここで、ビットコインの保管におすすめのウォレットを3つ紹介します。

Copay(コペイ)

「Copay(コペイ)」はモバイルウォレットの一つです。

モバイルウォレットは、スマートフォンやタブレットなどに専用のアプリをインストールすることで、ビットコインを保管できます。

通常のアプリを使用する感覚で利用できるので、初心者の方でも扱いやすくおすすめです。

デスクトップウォレットとは違い、スマートフォンやタブレットは持ち運びも容易で、どこにいてもビットコインの管理を行えます。

また、ビックカメラのような「ビットコイン決済」を導入している店舗で買い物をした際に、モバイルウォレットがあれば簡単に支払いできます。

ただし、スマートフォンなどのデバイスの盗難・紛失により、ビットコインを失うリスクもあることは頭に入れておきましょう。

Ledger Nano S(レジャーナノ エス)

「Ledger Nano S(レジャーナノ エス)」はハードウェアウォレットで、ビットコイン以外の仮想通貨の保管にも対応しているウォレットになります。

ハードウェアウォレットは、専用の端末に、購入した通貨を保管するもので、オフラインの環境でも利用することができます。

ハードウェアウォレットの特徴としては、セキュリティが他のウォレットよりも強固で、パソコンやスマホとも連携が可能です。

バックアップをしっかりとっていれば、端末自体が故障してもビットコインを失うことはありません。

しかし、ハードウェアウォレットの本体価格が高額で、操作方法が少しややこしいというデメリットもあります。

Electrum

「Electrum」は、デスクトップウォレットの一つで、多くのユーザーに支持を得ているウォレットです。

使用していない時間は、ネットワークからウォレットを隔離することができる機能や、複数の秘密鍵(自分以外には絶対に知られてはいけない暗号)を管理する機能があります。

デスクトップウォレットは、モバイルウォレットと同様に、自分のパソコンにインストールすることで利用できます。

モバイルウォレットよりもセキュリティに優れていますが、持ち運びできないという欠点もあります。

また、PC上に保管するため、ウイルス感染やハッキングによる盗難・紛失というリスクもあることを理解しておきましょ。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)のまとめ

ここまで、ビットコインについて、その特徴や最近のニュースなどについてまとめてきました。

今後、ビットコインの価格は上昇していくのかという点が、多くの投資家が気にしているポイントです。

ビットコインは、数ある仮想通貨の中のトップに君臨し、信用度・規模・知名度など、あらゆる面で他の通貨より優位な立場にあります。

2018年5月現在は、世界各国の規制強化や、コインチェック事件、仮想通貨ブームの落ち着きなどが影響して、堅調な値動きが続いているのが現状です。

しかし、規制強化による市場の成熟、健全性の強化が進むことで、仮想通貨の価値が高まる可能性は大いにあります。

その中でも、ビットコインは、決済手段の広まり、企業の積極的な市場参入などによって、需要が一段と高まり、再び高値(200万円台)を目指して価格が上昇していくことは大いに考えられるでしょう。

これらのことをふまえて、「一攫千金」を狙った短期的な取引ではなく、長期的な目線でビットコインを購入することが重要となってきそうです。

価格が下落した後、落ち着きつつあるこのタイミングで投資してみるのも一つの手と考えられます。

ただし、仮想通貨自体の存在を脅かすニュースによって、再び価格を大きく下落させるリスクもあることは、しっかり頭に入れておくことが大切です。

LINEで送る
Pocket

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

《無料》仮想通貨で稼ぐための秘訣 | 4つの仮想通貨ビジネスから分析【bitmanagementのLINE@登録者限定】

こちらは、仮想通貨で稼ぐための秘訣です。 本書は、仮想通貨(暗号通貨)で利益を出すために必要な情報と知識を4つのビジネスから分析して記されています。
  • 仮想通貨(暗号通貨)トレード
  • マイニング
  • アービトラージ(裁定取引)
  • ICO(未上場コイン)
この資料をダウンロードすれば仮想通貨で稼ぐために必要な知識や情報が分かります。4つのビジネスが「どのような仕組みなのか」、「注目すべきポイントはどこであるのか」など仮想通貨で稼ぐためには必要である知識や情報が精査され分かりやすく記載されています。

LINE@に登録して無料特典を受け取る

オススメの記事