2017.05.22 | 2018.05.07 ウォレット

ビットコインを保管するウォレットはどれがいい??

この記事は2018.05.07に加筆・修正されています。

LINEで送る
Pocket

こんにちは。
佐々木です。

今年は仮想通貨元年です。

その言葉通り、ビットコインを筆頭に各暗号通貨が爆発的にその市場規模を拡大させています。

このブログをご覧の皆様も「ビットコイン、持ってるよー!」という方もいらっしゃるかと思います。

ビットコインを保有するためには、その保管場所となるお財布が必要です。

今回は大切なビットコインを保管するためのお財布=ウォレットについてご紹介していきます。

 

   
   

ビットコインはどこで保管しても同じじゃない?!

ビットコインを保管できる場所は以外と多いです。

ウォレットはもちろん、取引所なんかでも保管することができてしまいます。

ビットコインは実在しないので、その保管もイメージしにくい部分があるかと思いますが、これは非常に重要ですので、今まで意識したことがない方はぜひ心に留めていただきたいと思います。

ビットコインは実在こそしませんが、現物のお金同様に盗まれてしまうリスクがあります。

ネット上の泥棒とも言える「ハッキング」の被害があり得るのです。

目で見えないからこそ、セキュリティをしっかり施して大切なビットコインを守る必要があります。

 

取引所でビットコインを購入したら、そのままにしていないですか?

 

ビットコインを入手するには、取引所で購入するのが一般的です。

有名どころだと、ビットフライヤーやコインチェックです。

取引所に日本円を入金し、ビットコインを購入して、それで満足してはいけません。

取引所はウォレットよりもハッキングの対象にされやすく、注意する必要があります。

取引所もウォレットも、どちらもビットコインを保管することは可能ですが、
取引所=暗号通貨と日本円を交換するところ
ウォレット=暗号通貨を保管するところ
という認識をお持ちいただくことをオススメ致します。

そのため、ちょっと面倒かもしれませんが、取引所でビットコインを購入したら、必ずウォレットに移動しましょう。

また、各取引所でもセキュリティ面の強化は可能な限りしておくことも必要です。

二段階認証の導入など、手間は増えるかもしれませんが、リスクの軽減は最優先事項です。

ぜひ最高レベルまでセキュリティ保護を高めておきましょう!

いろいろあるウォレットの種類

 
一口にウォレットと言っても、その種類はいろいろあります。

大きく分けると、ウェブウォレット、ハードウェアウォレット、ペーパーウォレットの3種類です。

今回は1番メジャーなウェブウォレットについてご紹介します。

1番身近で使いやすいウェブウォレット

 
ウェブウォレットはアプリがリリースされているものが多いですが、インターネット回線を利用して接続するウォレットです。

 
ブロックチェーンウォレットをはじめ、いくつかありますが、
オススメはbreadwalletとCopayです。

 
また、別の機能を目当てに活用しやすいのがWirexです。

Wirexついてはまた後日掲載致しますので、お楽しみに!

  
まず、ブロックチェーンウォレットがオススメできない理由ですが、ウォレットとして1番大切な機能である「セキュリティ面」に不安が残るからです。

 
名前に「ブロックチェーン」と入っていると、いかにも安心できるようなイメージですが、特にウォレットとして優れているわけではありません。

むしろ、ハッキング被害が報告されており、私の周囲の人が使っていたらすぐに違うウォレットを勧めています。

使いやすいことには使いやすいのですが、今ブロックチェーンウォレットを使用されている方は、ぜひ違うウォレットに変更してみてください。

さて、オススメの2つのウォレットについて簡単にご紹介しておきます。

breadwallet

オレンジ色が印象的なこちらのbreadwallet。
breadwalletはアプリのみのリリースであるため、基本的にはスマートフォンにて管理することになるかと思います。
PCからもアクセスすることができませんので、PCメインでビットコインを扱っている方はご注意ください。

Copay
breadwalletと同じく、リカバリーフレーズをメモすればすぐに作ることができるウォレットです。
こちらはCopay内に複数のウォレットを作成することができるため、用途ごとにビットコインを分けて保管したい方にはオススメです。

Copayの登録方法や使い方についてはこちらのリンクからご覧いただくことができます。
わかりやすい!!Copayマニュアル
 ↑↑コチラをクリック!!↑↑

私自身もメインで使っているウォレットは上記の2つです。

どちらもリカバリーフレーズが鍵となりますので、リカバリーフレーズの管理だけはしっかりと行いましょう!

投資も分散が大切ですが、ビットコインの保管も複数のウォレットに分けることをオススメします。

LINEで送る
Pocket

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

《無料》仮想通貨で稼ぐための秘訣 | 4つの仮想通貨ビジネスから分析【bitmanagementのLINE@登録者限定】

こちらは、仮想通貨で稼ぐための秘訣です。 本書は、仮想通貨(暗号通貨)で利益を出すために必要な情報と知識を4つのビジネスから分析して記されています。
  • 仮想通貨(暗号通貨)トレード
  • マイニング
  • アービトラージ(裁定取引)
  • ICO(未上場コイン)
この資料をダウンロードすれば仮想通貨で稼ぐために必要な知識や情報が分かります。4つのビジネスが「どのような仕組みなのか」、「注目すべきポイントはどこであるのか」など仮想通貨で稼ぐためには必要である知識や情報が精査され分かりやすく記載されています。

LINE@に登録して無料特典を受け取る

オススメの記事