2018.06.07 | 2018.06.11 取引所

ビットバンク(bitbank)の手数料はいくら?取引手数料/スプレッド/入出手数料/送金手数料を解説

この記事は2018.06.11に加筆・修正されています。

LINEで送る
Pocket

日本の仮想通貨取引所である「ビットバンク」は、海外取引所に引けを取らない「取引手数料の安さ」が魅力の一つとして、最近人気になりつつあります。
実は、このビットバンク、手数料の安さはもちろん、サービスの種類や質、機能、UIといった面でも業界最高水準の取引所であることをご存知でしょうか。

今回は、ますます利用者が増えていくと予測される「ビットバンク」の魅力について解説していきます。

ビットバンク(bitbank)の主な手数料

コインチェックやビットフライヤーとは異なり、ビットバンクは「取引所」のみが存在し、「販売所」を持っていません。

販売所と取引所の違いについてはこちらの記事をどうぞ!

仮想通貨の販売所と取引所の違いを解説【メリットを学ぼう】

仮想通貨の投資を始めるにあたって、ビットフライヤーやザイフといった仮想通貨交換業者に登録してみると、「取引所で …

ビットバンク自体はこれまで、コインチェック・ビットフライヤー・ザイフといった主要な仮想通貨取引所の陰に隠れ、あまり注目されてきませんでした。

しかし、実は仮想通貨購入を検討している投資家にとって、魅力的な特徴がたくさんある取引所です。

ビットバンクの魅力的な特徴とは、とにかく「手数料が安い」ということです。

手数料には、以下のものが含まれています。

  • 取引手数料
  • 日本円入出金手数料
  • 仮想通貨入金手数料
  • 送金手数料
  • その他手数料

上記の手数料が「どのくらい安いのか」「他社と比較してどのように違うのか」というポイントを、詳しく解説していきます。

ビットバンク(bitbank)の基本情報

ビットバンクの手数料について詳細な説明をしていく前に、ビットバンクとはどのような取引所なのか、ビットバンクの概要と特徴を解説していきます。

「ビットバンク株式会社」が運営

ビットバンクという取引所は、「ビットバンク株式会社」が運営しています。

ビットバンク株式会社というと、仮想通貨やブロックチェーン関連の情報を発信しているメディア「BTCN(ビットコインニュース)」の運営をしていることでも有名です。

さらに、国内唯一のブロックチェーンエンジニア教育プログラムである「ブロックチェーン大学校」も運営しており、国内の仮想通貨市場・ブロックチェーン市場を盛り上げている企業です。

また、国内最大級のポイントサイト「モッピー」や「お財布.com」を運営する「株式会社セレス」と資本業務提携しています。

 

ビットバンクのメリット

ビットバンクを利用するメリットには以下のものが挙げられます。

  • アルトコインを取引所で購入できる
  • アルトコインを指値注文できる
  • セキュリティ対策がしっかりとされている
  • 現物取引と先物取引に対応している
  • チャートが見やすい

それぞれ解説していきます。

アルトコインを取引所で購入できる

ビットバンクは「アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)」を取引所で購入できるというメリットがあります。

「コインチェック」や「ビットフライヤー」といった主要業者を利用して、アルトコインを購入する場合には、「販売所」での購入になります。

あなたが「販売所」で仮想通貨を購入する際には、「業者が指定する価格」で取引しなければいけません。

その価格の中には「仲介手数料(スプレッド)」が含まれています。

一方で、ビットバンクを利用して仮想通貨を取得する場合、あなたは「取引所」で購入することになります。取引所での購入なので、仲介手数料を取られてしまう販売所からの購入よりも、支払うコストを抑えることができます。

仮想通貨時価総額ランキング3位(2018年5月時点)で、三菱UFJ銀行など多くの企業と業務提携をしている「リップル(Ripple/XRP)」を、販売所ではなく「取引所で購入できる」のは、国内の業者では「ビットバンク」のみです。

また、時価総額が仮想通貨中第2位(2018年5月時点)の「イーサリアム」や、送金手数料がビットコインよりも圧倒的に安いアルトコインである「ライトコイン」も、ビットバンクなら「取引所」にて、「ビットコイン建て」で購入することができます。

ビットバンクの他に、「アルトコインの取引所」がある国内業者は「ザイフ」です。ただし、ザイフは「リップル」と「ライトコイン」の取り扱いをしていません。

あなたがもし、これから「リップル」「ライトコイン」を取得しようと考えている場合は、ビットバンクで購入することをおすすめします。

アルトコインを指値注文できる

コインチェックやビットフライヤーを利用してアルトコインを取得する際は、販売所での購入になります。販売所では「指値注文」ができません。

しかし、アルトコインを取引所で購入できるビットバンクであれば、リップルやライトコインを指値注文で購入することができます。

「指値注文」とは、簡単に説明すると、「この価格で購入したい」という希望価格にあらかじめ「予約注文」しておく購入方法です。実際の価格が、指値(予約)をいれた水準まで達すると、自動的に注文が完了し、購入することができます。

一般的に、取引所での売買でも「指値注文」のほうが手数料を安くできます。そのため、ビットバンクなら、さらに低コストでアルトコインを購入できます。

セキュリティ対策がしっかりとされている

今年1月に発生した「コインチェック事件」以降、仮想通貨取扱業者の「セキュリティ面」を心配されている方も多いのではないでしょうか。

実はこのビットバンクは、高度なセキュリティ対策が施されているという特徴があります。

ビットバンクのセキュリティ対策として、

  • 2段階認証
  • 携帯SMS認証
  • コールドウォレットによる仮想通貨の保管・管理

などを設け、徹底した投資家の資産保護を目指しています。

また、資産保管体制を自社のブログ内でも公表しており、セキュリティ対策における透明性も高く、仮想通貨投資の初心者の方でも、安心して取引できる業者といえます。

現物取引と先物取引に対応している

ビットバンクでは、仮想通貨の「現物取引」と「先物取引」の両方に対応しています。

仮想通貨の「先物取引」とは、いわゆる「ビットコインFX(BTCFX)」のことです。

実は、ビットバンク株式会社は、現物取引所である「ビットバンク(bitbank.cc)」の他に、ビットコインFXに特化した「ビットバンクトレード(bitbank trade)」という先物取引所も運営しています。

ビットバンク(bitbank.cc)でアカウントを作成すると、ビットバンクトレードとも簡単に連携することができ、最短2分でビットコインFXを開始することも可能です。

チャート機能が充実

ビットバンクは「Trading View」というチャートサービスを採用しています。

「Trading View」は、パソコンやスマホにある「Google Chrome」や「Safari」といったWebブラウザー上で動作するので、通勤中にスマホからアクセスしてチャートを確認することもできます。また分析ツールも充実しており、チャート自体も見やすいです。

ビットバンクを使えば、初心者の方でも親しみやすいチャートを利用できます。

ビットバンクのデメリット

アルトコインの取引所や高度なセキュリティ対策など、魅力ある特徴をもつビットバンクですが、投資家にとって懸念材料となるかもしれないデメリットもあるので、ここで説明します。

取り扱うコインの数が少ない

現在ビットバンクが取り扱っている仮想通貨は6種類しかありません。

ビットコインで購入可能な通貨は以下の6銘柄です。

  • ビットコイン(Bitcoin/BTC)
  • イーサリアム(Ethereum/ETH)
  • リップル(Ripple/XRP)
  • モナコイン(MonaCoin/MONA)
  • ライトコイン(Litecoin/LTC)
  • ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)

あなたが購入を検討している銘柄が上記6種類のどれかであれば問題ありません。

しかし、ここにない仮想通貨を取得したい場合、ビットバンクでは購入ができないので注意が必要です。

取引が成立しにくい

ビットバンクは、コインチェックやザイフなどと比較すると、まだまだユーザー数が少ないです。

そのため、希望の価格で指値注文をいれても、うまく取引が成立しない可能性があります。

ただし、最近では「手数料が安い」など様々な魅力があることが知られ始め、徐々に利用者が増え始めています。

今後、大きくユーザー数が増加すると考えれば、そこまで気になるデメリットではないでしょう。

ビットバンク(bitbank)取引所の手数料

ここからは、ビットバンクの手数料についてまとめていきます。

手数料には以下のものがありました。

  • 取引手数料
  • 日本円入出金手数料
  • 仮想通貨入金手数料
  • 送金手数料
  • その他手数料

まずはビットバンクの「取引手数料」から説明します。

メイカー手数料

ビットバンクは「取引所」なので「メイカーとテイカー」が存在します。

メイカーとは、「取引板」にまだ表示されていない価格を提示して、「価格を作る注文」のことです。

ビットバンクのメイカー手数料は、全銘柄で「無料」です。

テイカー手数料

テイカーは、「メイカーが作った価格で注文する」または「成行注文」のことです。

ビットバンクのテイカー手数料は「無料」です。

ビットバンクは取引手数料無料キャンペーン中

現在、ビットバンクは取引手数料の無料キャンペーンを実施しています。

メイカー手数料 テイカー手数料
BTC/JPY 無料 無料
XRP/JPY
LTC/BTC
ETH/BTC
MONA/JPY
MONA/BTC
BCC/JPY
BCC/BTC

このキャンペーンは2018年の1月で終了予定でしたが、6/30まで延長することが発表されました。

国内業者でアルトコインを購入する際は、ほとんどが「販売所」での購入になるため、高い手数料がとられてしまいます。

ビットバンクなら取引所での購入なので、そもそも取引手数料が安く済むうえに、現在はキャンペーン中で、すべての取引手数料が無料となっています。

あなたが現在、リップルやライトコインなどのアルトコイン購入を検討している場合は、今すぐビットバンクを利用することをおすすめします。

他社取引手数料との比較

現在のビットバンク取引手数料は無料です。それでは、その他の業者の取引手数料はいくらになっているのでしょうか。

実は、「取引手数料」を無料にしている国内業者は多いです。

ただし、「販売所」で売買をする際には、「取引手数料」以外に「仲介手数料(スプレッド)」が必要になる点に注意しなければいけません。スプレッドとは、業者が提示する「買値」と「売値」の差額のことです。

ビットフライヤーでアルトコインを取引する例を見てみましょう。ビットフライヤーでアルトコインを購入するには、「販売所での取引」になります。

例えば、ビットフライヤーを利用して、「ライトコイン」を日本円で購入するとき、およそ「15,530円(この価格は常に変化します)」が必要になります。

反対に、売却するときは「14,450円(この価格は常に変化します)」で売ることになります。このとき、買値と売値の差、つまりスプレッドは「15,530円‐14,450円=1,080円」です。

ビットフライヤーでライトコインを購入するとき、取引手数料とは別に、「スプレッド1,080円分」のコストを支払うことになります。

上記の内容から、仮想通貨を「取引所で売買できる」ビットバンクを利用することで、手数料をもっと抑えることが可能であることを、理解していただけたと思います。

ビットバンク(bitbank)の入出金手数料

次に、ビットバンクの入出金手数料を見ていきましょう。

入出金手数料とは、銀行口座とビットバンクの口座間でやり取りを行う際に発生する手数料のことです。

入出金手数料には、「日本円入出金手数料」と「仮想通貨入出金手数料」の2種類があります。

ちなみに、仮想通貨の「出金手数料=送金手数料」については、「5、ビットバンク(bitbank)の送金手数料」で解説します。

日本円入出金手数料

ビットバンクの日本円入出金手数料は以下のようになっています。

日本円入出金手数料 手数料
入金手数料 銀行の振込手数料のみ
出金手数料 3万円未満:540円
3万円以上:756円

仮想通貨入金手数料

「仮想通貨の入出金手数料」とは、あるウォレットから別のウォレットへ仮想通貨を異動させるときに必要となる手数料のことです。

仮想通貨入金手数料は、仮想通貨を「受け取るとき」にかかる手数料で、過疎通貨出金手数料(送金手数料)は、仮想通貨を「送るとき」にかかる手数料です。

ビットバンクでは、仮想通貨の「入金手数料」はすべて無料です。仮想通貨を受け取るときは、手数料を取られません。

受け取る仮想通貨 入金手数料
BTC 無料
LTC
XRP
ETH
MONA
BCH

ビットバンク(bitbank)の送金手数料

送金手数料は、ビットバンクの口座から別の口座またはウォレットへ、仮想通貨を送るときにかかる手数料です。

ビットバンクの送金手数料は以下のようになっています。

送る仮想通貨 送金手数料
BTC 0.001BTC
LTC 0.001LTC
XRP 0.15XRP
ETH 0.005ETH
MONA 0.001MONA
BCH 0.001BCH

あなたが、「手数料の安さ」を重視して、利用する取引所を探している場合、「バイナンス」などの海外取引所が候補に挙がっているのではないでしょうか。

確かに、海外取引所は取引手数料が安いという魅力があります。

ただし、 バイナンスなどの海外取引所へ、日本円を直接入金することができません。海外取引所を利用するには、以下の工程をたどる必要があります。

1、国内の取引所へ日本円を入金する(入金手数料)

2、入金した日本円で仮想通貨を購入する(取引手数料)

3、国内取引所から海外取引所へ仮想通貨を送金する(送金手数料)

つまり、海外取引所へ送金するまでに、余計な手数料を取られてしまう可能性があるということです。

ビットバンクを利用すれば、そのような手間や手数料を必要としないので、非常にお得です。

【まとめ】ビットバンク(bitbank)の手数料

今回は、国内仮想通貨取引所「ビットバンク」について、その特徴と手数料について解説してきました。

ビットバンクは国内では数少ない、アルトコインを取引所で購入できるという特徴を持ち、その分取引にかかる手数料を大幅に抑えることが可能です。

あなたが「できるだけ手数料を安く取引したい」と考えているならば、ぜひ利用してみてください。

LINEで送る
Pocket

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

《無料》仮想通貨で稼ぐための秘訣 | 4つの仮想通貨ビジネスから分析【bitmanagementのLINE@登録者限定】

こちらは、仮想通貨で稼ぐための秘訣です。 本書は、仮想通貨(暗号通貨)で利益を出すために必要な情報と知識を4つのビジネスから分析して記されています。
  • 仮想通貨(暗号通貨)トレード
  • マイニング
  • アービトラージ(裁定取引)
  • ICO(未上場コイン)
この資料をダウンロードすれば仮想通貨で稼ぐために必要な知識や情報が分かります。4つのビジネスが「どのような仕組みなのか」、「注目すべきポイントはどこであるのか」など仮想通貨で稼ぐためには必要である知識や情報が精査され分かりやすく記載されています。

LINE@に登録して無料特典を受け取る

関連記事

オススメの記事