2017.06.23 トピックス

7月1日からビットコインの消費税が非課税に!

LINEで送る
Pocket

こんにちは。
佐々木です。
 

 

こちらをご覧の方はビットコインをお持ちの方も多いと思います。
 

 
そのお持ちのビットコイン、どうやって入手されましたか??

 

取引所で購入した??

マイニングで獲得した???

ハッキングして、、、なんて方はいないでしょう。(笑)

 

おそらく、ほとんどの方が取引所で購入されたと思います。

 

ビットフライヤーやコインチェックなどに口座を開設して、日本円を入金して、やっと購入したビットコイン。

そのような方が多いと思います。

 
実はそのビットコイン、消費税も含まれているのをご存知でしょうか??
 

 

取引所のビットコインは税込価格

 

 
一般的には、日常生活でモノを購入すると消費税がかかりますよね。
 

ビットコインも、同様に消費税が加算されています。

 

しかし、2017年度税制改正大網に、現在ビットコインの購入の際に課されている消費税が非課税になる旨が盛り込まれました。
 

2017年7月1日から非課税に

 
気になる非課税がスタートする日ですが、7月1日からとなります。
 

 
価格が変わる瞬間を見るのも面白いかもしれませんね。

 

そもそもビットコインに消費税が課税されているのはおかしな話しだった??

 
 
ビットコインはすでに決済でも使うことができる環境が整いつつあります。
 
 
決済利用については、これらの記事でも紹介していますので、ぜひご覧ください。
 
ビットコインは投機(投資)目的でしかない?実際に使われるようになる日は来るのか??

ビットコインが普及したらお店も嬉しい

 

お店でお買い物をするとき、先ほどお話ししたように消費税が課されていますよね。
 

100円ショップに行けば、1つ108円で商品が販売されています。
 

その商品の支払いをビットコインで行うとしても、108円で購入することになります。
 

当たり前かと思いますが、これって少しおかしいのです。
 

 
そう、消費税が二重払いになっているのですね。
 

ビットコインを購入するときも消費税が課され、モノを購入するときも消費税が課されているわけです。

 

ビットコインの決済サービス導入はどんどん加速していますが、この消費税非課税はそのビットコイン決済導入の動きに拍車をかけるかもしれません。
 

LINEで送る
Pocket

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

オススメの記事

Bit Managementのメールマガジン

サイトの中だけでは”すべてを語り尽くせない”ほどの膨大な情報をお届け
今注目のビットコイン、仮想通貨の仕組みを今だけ無料で公開!

登録はこちら