2017.06.20 | 2018.05.09 アルトコイン

仮想通貨「Stellar(ステラ)」とは?

この記事は2018.05.09に加筆・修正されています。

LINEで送る
Pocket

今回 は仮想通貨「Stellar(ステラ)」についてご紹介します。

 

ステラとは??

2014年にリップルを元に開発された仮想通貨です。
 

リップルの開発にも携わっているジェド・マケーレブ氏がステラの創業も中心となって行いました。
 

ジェド氏が作ったというだけあり、ステラはリップルを元に開発されています。

運営はそのジェド氏率いる非営利団体「ステラ開発財団」が行なっています。
 

 

通貨の単位はリップルのXRPに対し、ステラはXML(ルーメン)と呼ばれます。

 

ステラの機能は??

 
ステラはリップルと同じく送金や決済のシステムであり、基本的な部分はリップルと同じです。

 
ステラ財団からは「様々な通貨を送金することができる分散型プロトコル」と発信されています。
 

リップルも似たような機能ですが、リップルが金融機関などで採用されているのに対し、ステラは個人間でのやり取りに利用されます。
 

そして、ルーメンを使えば、国を問わず送金することができ、ルーメンを利用することにより法定通貨や仮想通貨などと交換し引き出すことが可能となります。
 

送金スピードも早く、もちろん手数料も抑えることができますので、ルーメンを使えば事実上各通貨(仮想通貨を含めて)ごとの交換が国境を気にすることなく、瞬時に自由に行うことができるのです。
 

ステラの仕様は??

 
 
ステラの発行枚数は、最初に1000億枚が発行されており、その後は1年に1%ずつ総量が増えていく仕様になっています。

 
発行枚数を徐々に増やすのは、極端にステラの価値が高まってしまうのを防ぐためです。

 
さらに、リップルは総量の25%を開発陣が保有していますが、ステラについては開発陣が保有しているのは5%に留まっています。
 
より多く のステラを流通させることにより、価格の変動を抑えているのですね。

 
ただ、こちらはやはり仮想通貨の波に押され、ここ数ヶ月では価格変動も激しくなってきています。
 

 

ステラの価格は??

 

 
ステラは6/19現在、時価総額ランキング18位に位置しています。
 
直近1年の値動きはご覧の通りです。
 

 
しばらくはおとなしい値動きでしたが、5月に入ってから急激な値上がりがあり、その後すぐに落ちて安定した値動きとなっています。
 

現在は1XLMあたり約0.03ドルで推移しています。

 
4月までは0.04ドル前後でしたので、落ち着いたとはいえ、大幅な値上がりをしたことがわかります 。
 

 

ステラはどこで買えるの??

 

ステラは国内の取引所では取り扱いがなく、購入することができません。
 

そのため、購入をするためにはステラを取り扱っている海外の取引所の口座を開設する必要があります。
 

ステラを取り扱っている取引所はいくつかありますが、これから開設するのであれば「Poloniex」がオススメです。

 
世界の取引所の中で最も取り扱いのコインが多く、他のコインが欲しくなった時も対応しやすいと思います。
 
Poloniexについてはこちらでも紹介しています。

オススメ海外取引所「Poloniex」〜ビットコイン以外の仮想通貨も多数取り扱い〜

 
国内の取引所では取り扱っていない仮想通貨も有力なコインがたくさんありますので、目を向けてみると面白いかと思います。

 

LINEで送る
Pocket

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

《無料》仮想通貨で稼ぐための秘訣 | 4つの仮想通貨ビジネスから分析【bitmanagementのLINE@登録者限定】

こちらは、仮想通貨で稼ぐための秘訣です。 本書は、仮想通貨(暗号通貨)で利益を出すために必要な情報と知識を4つのビジネスから分析して記されています。
  • 仮想通貨(暗号通貨)トレード
  • マイニング
  • アービトラージ(裁定取引)
  • ICO(未上場コイン)
この資料をダウンロードすれば仮想通貨で稼ぐために必要な知識や情報が分かります。4つのビジネスが「どのような仕組みなのか」、「注目すべきポイントはどこであるのか」など仮想通貨で稼ぐためには必要である知識や情報が精査され分かりやすく記載されています。

LINE@に登録して無料特典を受け取る

オススメの記事