2017.06.07 ハードフォーク ビットコイン

ソフトフォークとは?〜8月1日、ビットコインに何かが起きる??〜

LINEで送る
Pocket

 こんにちは。
佐々木です。

以前、コチラでハードフォークについて簡単にご説明をさせていただきました。

 
このハードフォークに対し、ソフトフォークという言葉はご存知でしょうか??
 

暗号通貨のことを調べているうちにこの言葉を見かけ、「どういう意味だろう??」と思った方もいるかと思います。

 

ソフトフォークって何??

 
ソフトフォークやハードフォークという言葉自体、その専門分野でお仕事されている人でなければ馴染みの薄い言葉だと思います。
 

現在時価総額ランキング2位につけているイーサリアムが、ハードフォークにより「イーサリアム」と「イーサリアム・クラシック」に分かれてしまったというのはご存知の方も多いかと思います。

ハードフォークとは、簡単に言うと「互換性のないアップデート」を意味します。

 
それに対し、ソフトフォークとは「互換性のあるアップデート」を指します。

 
具体的には、ソフトフォークが実行された後のバージョンではルールがより厳しくなり、新バージョンと旧バージョンではルールが異なってきます。

 
ソフトフォークが仮に実装された場合、「イーサリアム」と「イーサリアム・クラシック」のように完全に分岐してしまうわけではありません。

 
ビットコインでソフトフォークが行われたとしても、「ビットコイン」と「ビットコイン・クラシック」のように分かれるわけではないのです。

 

 
ただ、アップデートにより一時的にビットコインの仕様が旧バージョンと新バージョンに分かれる場合はあります。

 
ビットコインはブロックチェーン技術の上でマイニングが行われ、生成されたブロックが繋がっていきます。

 
その際に、ソフトフォークがなされた場合はチェーンが分岐する可能性が出てきます。

 
ビットコインのチェーンはより長く繋がった方を採用する、というルールがありますので、分岐するとなると

新バージョンのブロックと旧バージョンのブロックに分かれて分岐されます。

 

しかし、イーサリアムのように完全に分岐され、それぞれが独立するわけではありませんので、いずれはまた1つのビットコインのルールに統一されることになります。

 
要するに、その時に新バージョンが生き残れば、結局はそのまま新バージョンのビットコインとして繋がっていくことになります。

 

これがソフトフォークの実装ですね。

 

ハードフォークのように完全に互換性がなくなり独立するわけではないアップデートが、ソフトフォークというわけです。

 

以上、簡単にソフトフォークについて書かせていただきました。

 
そして、この夏のソフトフォークが実行される可能性が浮上しています。
 

それについてはこちらで触れていますので、ぜひご覧ください。

ビットコイン価格、2017年後半は相場の動きに要注意?!
 

LINEで送る
Pocket

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

オススメの記事

Bit Managementのメールマガジン

サイトの中だけでは”すべてを語り尽くせない”ほどの膨大な情報をお届け
今注目のビットコイン、仮想通貨の仕組みを今だけ無料で公開!

登録はこちら