2017.05.31 アルトコイン

リップルコイン(XRP)とは?〜大注目のアルトコイン〜

LINEで送る
Pocket

こんにちは。
佐々木です。

今回はアルトコインの中でも1、2位を争う注目の暗号通貨「リップル(XRP)」についてお伝えしていきます。

 

リップルの発行元

リップルの発行元はアメリカにある「Ripple Labs,INC」というところです。

 
Ripple Labsでは、より便利な通貨の流通・決済環境を提供しています。

 
つまり、決済システムを作っている会社ですね。

 

リップルとは?

 
リップルはリップル自体が仮想通貨なわけではありません。

 
リップルという名称は決済システムの名前であり、一般的に仮想通貨として言われているリップルは

XRPというリップル内で使われている仮想通貨です。

 
XRPの機能はどんなものか?というと、

簡単に言えば金融商品同士を取引する時に架け橋となる通貨です。

 

 
どういうことかというと、例えば通貨同士の交換というのは手間も手数料もかかります。

 
また、ちょっとマイナーな通貨になれば尚更煩わしくなります。

 
そういう時,スムーズなやり取りを可能にする、というのがXRPでありリップルの決済システムなのです。

 

そのため、XRPは通貨や金融商品の取引の仲介のような役割のためブリッジ通貨とも呼ばれることがあります。

 
 

ビットコインとリップルの違いは??

 
暗号通貨のキングであるビットコインと、現在市場3位のアルトコインであるリップルは、頻繁に比較されています。

 
それぞれどのような違いがあるか挙げてみましょう。

ビットコイン

・マイニング量が2100万枚(まだ全てのビットコインが生み出されたわけではない。)
・現在もマイニングにより少しずつ世の中にビットコインが生み出されている
・決済スピードは約10分
・運営母体を持たない
・買い物などでの支払いで使用可能

リップル

・マイニング量が1000億枚
・1000億枚全てのXRPが供給されている
・決済スピードは約2.5秒
・運営母体がある
・買い物などでの決済には使用できない

 
などなどです。

 
同じ暗号通貨ですが、かなり大きな違いがありますね。

「通貨」としての位置づけであるビットコインに対して、

「リップルというシステム」を支えるXRP、といった感じです。

 

 

リップルコインの相場は??

(先ほど、「リップル」は通貨ではなくシステムの名称と書きましたが、便宜上XRPを「リップルコイン」と表記します。)

 
さて、そんなリップルコインですが、どのような値動きをしているのでしょうか?

こちらがここ1年間でのリップルコインのチャートです。

(参照:CryptoCurrency Market Capitalizations

 
しばらくはずっと0.5円前後をゆらゆらと推移していましたが、直近で物凄い値上がりを見せております。

 
4月に一時6円ほどまで上昇し、その後3.5円前後をマークしたのち、

あっという間に40円を超えるところまでいきました。

 
最高値はなんと50円をマーク。

年初も0.5円ほどで推移していましたから、今年に入ってから約100倍の値上がりです。

 
値上がり率10000パーセントです。。。笑

 
常識的には考えられないような値上がりであり、リップルコインにより瞬間的に資産を膨らませた人も世界でたくさんいることは容易に想像できます。

 
5月末の市場全体の下落を受け、リップルもその価格が下げ調子となりました。

 
5月31日現在、リップルコインは20円台半ば前後を推移しています。

 
最高1XRP=50円をマークしたことを考えると半分くらいに下落しているため、「暴落した」とも思えますが、

そもそも短期間に高騰しすぎたため、利益確定を含めた調整が入った と思われます。

 
5月末の市場全体の値下がりについてはこちらでもお伝えしていますので、ぜひご覧ください。
5月26日〜28日の暗号通貨市場の値下がりは暴落と言えるのか?
 

 
アルトコインの中でも非常に注目度の高い暗号通貨であるリップル、今後の動向にも要注目です。
 

 

LINEで送る
Pocket

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

オススメの記事

Bit Managementのメールマガジン

サイトの中だけでは”すべてを語り尽くせない”ほどの膨大な情報をお届け
今注目のビットコイン、仮想通貨の仕組みを今だけ無料で公開!

登録はこちら