2017.06.04 トピックス

リミックスポイントが株主にビットコインを配布

LINEで送る
Pocket

こんにちは。
佐々木です。

 
東京都目黒区に本社を構える「株式会社リミックスポイント」が株主にビットコインを配布すると言う、粋な振る舞いを発表しました。

 

リミックスポイントは、ビットコイン取引所「 BIT Point」の親会社です。

 
株主に配当の一部としてビットコインを配ると言うのは前例のないサービスで、株式に投資している投資家の関心も高まると思われます。

 

リミックスポイントの株主へのビットコイン配布は、100株を1口とし、その1口あたりに10円相当のビットコインをサービスします。

 

 

このビットコイン、受け取るには自分のビットコインアドレスが必要ですよね。

つまり、すでにビットコインウォレットを持っていたりすれば受け取ることができるかもしれませんが、

まだウォレットや取引所に口座を持っていない人はどうすればいいでしょうか??

 

そう、BIT Pointに口座を持っている株主が配布対象になるのです。

 

すでにビットコインを持っている人はもちろん、まだビットコインを持っていない人はBIT Point口座を作らなければなりませんね。

 

今回の株主へのビットコイン配布は、間違いなくBIT Pointの口座解説促進を狙っていると思います。

 

現在、日本国内には世界でも大手であるビットフライヤーや、多数ん暗号通貨を取り扱っているコインチェックのシェアが大きいため、シェアを伸ばしたいと言う思惑があるのでしょう。

 
おまけに、SBIなど大手企業も今後取引所の事業展開を予定しているところが多々ありますので、今のうちから顧客を獲得したい、というのも正直なところかと思います。

 

取引所は銀行と同様に手数料ビジネスですが、おそらくめちゃめちゃ儲かるビジネスモデルです。

 

ビットフライヤーは月間の取引量が3000億円と聞きます。

 
その手数料と言ったら物凄いものがあるでしょう。

 

それだけ各企業が狙いに来る取引所ですから、BIT Pointとしても挽回がかかっています。

 

今回の株主へのビットコイン配布は国内でも初の事例ですし、今回のニュースで「BIT Point」の名前を知ったと言う方もいるかと思います。

 

そう言った意味では、BIT Pointの作戦は現時点では成功と言えるかと思います。

 

今後、ますますいろいろな形でビットコインが絡んだサービスが展開されていくかと思われますが、PRとしてビットコインを考えてみても面白いかもしれませんね。

LINEで送る
Pocket

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

オススメの記事

Bit Managementのメールマガジン

サイトの中だけでは”すべてを語り尽くせない”ほどの膨大な情報をお届け
今注目のビットコイン、仮想通貨の仕組みを今だけ無料で公開!

登録はこちら