2017.07.06 案件

ノアコインが返金措置へ〜ノアコインを購入した方は必ずチェックしてください〜

LINEで送る
Pocket

こんにちは。
佐々木です。

 
フィリピンの国家(級)プロジェクトであるとされていたノアコインが、返金手続きを受け付けることになったようです。
 

ノアコインが返金受付

 

理由は、過剰広告があり、認識の相違が生まれていたためというのが主な理由だそうです。

 

それに伴い、ちゃんとした販売体制が確立できるまでは販売も停止するとのこと。
 

 
また、「このままノアコインを継続して所有したい」という方は継続の意思表示をする必要があるようなので、

もしノアコインを購入していて、そのまま所有を希望する方もしっかりと目を通した方が良さそうです。
 

 
ノアコインプロジェクト自体はおそらく相当な資金が集まっていると考えられていますので、

その資金力によって本当に上場する可能性もあるでしょうが、

今回の事態もありますので今後の可能性については未知数であると思います。

 

騙されたのに結果的に儲かった話し

元々は騙されて買ったのに、結果的に本当に値上がりして騙されたのに儲かっちゃった
という方もいます。
 

おかしな話しですが、リップルがそうでしたね。
 

まだリップルが1円にも満たないときに、値上がりすると広告して1XRPを3円くらいで販売していた組織がありました。

 

当時は完全に騙しでありましたが、結果的にリップルはご存知のような暴騰がありましたね。

 

たくさんの可能性があるのも事実ですから、しっかり情報を集めて判断していきたいですね。
 

ノアプロジェクトサイドからのメール内容

 

最後に、今回のノアプロジェクトの返金についてのメールを添付しておきます。
 
日本のプロモーターである泉忠司氏のメッセージも記載してあります。
 

 
ノアプロジェクトに参加している方がいらっしゃれば、必ずお見通しください。
 

そして、改めてご自分のポートフォリオ形成を考えてみてもいいかもしれません。
 

ノア・コイン購入者の皆様へ

NOAH GLOBAL INNOVATION SERVICES INC.
2017.7.4

平素より、当社の理念及びノア・コインに賛同頂きまして、厚く御礼申し上げます。

先般、一部の購入者におかれまして、代理店等として、自らのサイト等でノア・コインについて過剰な広告等を行っている事実が判明し、フィリピン大使館から通知が出される事態となっております。

当社としましても、このような状況を看過することはできませんし、実際にプロジェクトの遂行に支障が出かねない事態となっております。

したがいまして、購入者の方におかれまして、代理店等としてサイトを構築してノア・コインを紹介する場合は、事実と異なる記載を行わないよう、厳に注意してください。
また、一部の方に明確な違反行為が認められましたので、体制が整備されるまで、当社として販売を停止しますので、ノア・コインの宣伝や募集類似行為等の行為は行わないよう、ご理解のほどよろしくお願い致します。

当社としましては、上記のような事態が発生したことを深刻に受け止めております。

そのため、すでに予約券を購入された方で、返金を希望される方につきましては、全額を返金することと致しましたので、ご通知致します。
返金開始の時期及び期間、連絡先につきましては、以下を予定しております。
返金期間:2017年7月10日から60日間
連絡先 :info@noah-coin.com

返金を希望された場合、ノアコインのプレセール期間での再購入は不可となりますのでご注意ください。返金を受けた方の再購入を認めると、同じ方の再購入により二重の紹介報酬が発生しうることになるためです。

また、当社の体制整備の一環として、当社より皆様へ、今後もノア・コインを継続して保有するご意向の有無を確認するメールを後日送付致しますので、お手数ですが確認手続をお願い致します。

日本のプロモーターである泉忠司氏のメッセージを送信します。

泉忠司です。

ノアグローバルイノベーションサービスより非常に重要な発表がありました。

大切なお知らせですので、僕の方からも趣旨をお伝えいたします。

ノアコインは第2期のプレセールを終えましたが、プロジェクトの規模が非常に大きくなっていることもあり、ノアグローバルイノベーションサービスは、第三者機関を通して、コンプライアンスを遵守する責務があるとの見解に至りました。

そこで、すでにノアコインを購入していただいた方に、以下の4つの措置が取られることになりました。

1.下記の「ノアコインの情報の訂正と謝罪」において説明することにおいて、購入当時のノアコインに対する認識に誤解があった場合や、その他の理由でノアコインの継続所有を希望されない場合は、ただちに売買契約を無効にし、お支払いいただいた金額と同額を返金する。

2.ノアコインを継続所有にご了承いただき、今後も変わらず保持する場合は、継続所有の同意の確認手続きをしていただく。

3.既存購入者の皆様に対して上記2点の確認が完了するまで、第3期プレセール開始を延期する。

4.第3期プレセール開始まで予約受付を一時休止する。

ノアコインの情報の訂正と謝罪

フィリピン大使館やフィリピン・ナショナル・バンクの発表などにより、ご心配いただいている方も多いと存じます。

プロジェクト発足当初、 ノア側が多くのVIPとミーティングを重ねていたのは間違いなく確かです。

僕はこの状況から「間違いなくこれは国家プロジェクト級の事業だ」と認識しました。
その後、僕がセミナーや動画で、ノアコインのプロジェクト規模を説明する際に「政財官民が一体となって取り組んでいるプロジェクト」や「国家プロジェクト」などと、僕の主観で断定的な言い方で表現した事が多くの方に、

「フィリピン政府公認の暗号通貨」

と認識を錯誤される事につながったようです。僕の行きすぎた表現でそのような事態となったことを深く反省しており、ここに謝罪いたします。

さらにその表現が一人歩きをし、

「ノアプロジェクト」=「フィリピン政府公認の国家プロジェクト」

であるかのような表現が用いられた代理店サイトが幾つもインターネット上に見受けられるようになりました。

この点に関しても僕自身も大いに責任を感じています。

次に、フィリピン航空やルシオ・タン氏がノアプロジェクトに関わっていると、僕自身もセミナーや動画で言及してきたことについて、フィリピン航空のグループ銀行であるフィリピン・ナショナル・バンクから「いっさい関係がない」という発表がなされた点に関してです。

プロジェクト発足当初より、ノアプロジェクトが、主にルシオ・タン氏のご子息でありフィリピン航空グループの要職にあるボン・タン氏とイートンシティの開発についてミーティングを重ねてきたのは間違いなく事実です。
(イートンシティは動画の中でノアシティ予定地と僕も動画で紹介している場所です。)

僕自身もノアプロジェクトのご紹介により、ボン・タン氏をはじめ、イートンシティの責任者など、要職にある方々と2017年4月1日に直接お会いしました。
僕の面前で両者による条件面での議論が確かに行われていました。
その時の様子に関しては、2017年4月15日に行ったトップリーダーズ会議にて写真にてご紹介もしました。

しかし、ノア側とボン・タン氏側の間で認識の違いもあって、条件面の折り合いがつかず、契約合意が伸びているうちに、レボリューション・プリクラフティッド社のロビー・アントニオ氏からの提案があり、ノアシティ開発は同社と共同で行っていくことが発表されました。

当初ボン・タン氏から好感触で前向きに、ぜひ実現したいとの表現もあったことから、僕はフィリピン航空やそのグループ会社が協賛してくれるのは確定的だと認識いたしました。

ただ、僕のその後のセミナーや動画の説明において、すでに確定したように言及したことから、多数の代理店サイトでフィリピン航空のことが記載されることになってしまいました。

僕自身ももっと確認してから言及すればよかったと深く反省しています。

ここで現状に関してはっきりさせてお伝えします。
ノア側とボン・タン氏の間で条件面の折り合いがつかなかったことから、ボン・タン氏ならびにフィリピン航空グループやルシオ・タン氏とノアシティを共同開発するという話は現時点ではなくなりました。

ただ、ノアシティ構想はロビー・アントニオ氏率いるレボリューション・プリクラフティッド社と共同で行っていくことが確定しています。

この点に関しては、ロビー・アントニオ氏が来日して、セミナーで自ら言及していることからも明らかであるように、間違いのない事実です。

イートンシティから車で約20分ほどのタガイタイというエリアにあるロビー・アントニオ氏のグループが保持している土地が暫定の候補地と伺っております。候補地は今後変更される可能性もございます。

さらに、第三点目として、「ノアコインが必ず上がる」と言及しているような
代理店サイトが見受けられますが、言うまでもなく、未来のことは誰にも分かりません。

僕の説明の中で「ノアコインは初年度に20%、以降も40年に渡って利息がつく」と言及しています。ここでいう利息とはつまりコインステーク報酬のことです。

ノア側に再度確認したところ、これは間違いなく事実です。

ただし、「120ノアが1年で144ノア、2年で168ノア・・・」が正確であるところを、説明を分かりやすくするために、「120万円が1年で144万円、2年で168万円」のように話したことがありますが、その際に同時に言及しているように、
「これはノアコインの価値が変わらないと仮定して」の話です。

ノアコインの価値が上がれば、日本円換算した時にもっと上がることもありうるし、ノアコインの価値が下がれば、日本円換算した時にもっと下がることもありえます。

このあたりもきちんと伝えているつもりではありましたが、言葉足らずな部分があって、僕の表現が誤解を生んだのであれば、謝罪いたします。

正確に整理しておきますと、初年度20%、以降毎年0.86倍に指数関数的に減少する形で、ノアコインには利息(コインステーク報酬)がつきます。

つまり所有しているノアコインの量に対して、毎年決められた割合で利息が付与されるということです。

その利息を含めて考えて、その暗号通貨の価値が上がれば、日本円換算した時の価値は上がりますし、その暗号通貨の価値が下がれば、日本円換算した時の価値は下がります。

「絶対に上がる」というふうに断言することができるものは、ノアコインに限らず、他の暗号通貨においても存在しません。

最後にもう一度全体をまとめておきます。

1.ノアプロジェクトはフィリピン政府公認のプロジェクトではありません。

2. 条件面での折り合いがつかなかったことから、現在ノアプロジェクトにフィリピン航空グループは関与していません。

3.「ノアコインの価値は絶対に上がる」とは断定できません。

返金希望者への対応と継続所有の意思確認について

既存の購入者の皆様でノアコインに関して、僕だったり、その他の代理店の方だったりの説明から、上記3点や、その他の何らかの誤解に基づいてノアコインを購入し、いま現在思っていたものと違うために返金して欲しいという方は、ノアグローバルイノベーションサービスから全額返金していただけますので、下記にご連絡ください。

連絡先 info@noah-coin.com

返金受付期間は2017年7月10日から2017年9月7日までの60日間となっております。

LINEで送る
Pocket

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

オススメの記事

Bit Managementのメールマガジン

サイトの中だけでは”すべてを語り尽くせない”ほどの膨大な情報をお届け
今注目のビットコイン、仮想通貨の仕組みを今だけ無料で公開!

登録はこちら