2017.06.27 アルトコイン

仮想通貨【NEM】とは何か??

LINEで送る
Pocket

こんにちは。
佐々木です。
 

ここでは仮想通貨の1つであるNEMについてご紹介していきます。

 

NEMとは??

NEMとは元々は、

N = New
E = Economy
M = Movement

の略称で、新しい経済活動という意味を持っていました。
 

しかし、現在はNEM自体が1つの名称とされています。

 

元々は新しい経済活動を志していたのは間違いなく、金銭的に自由で、分散化・平等を重んじ、さらに連帯していくというこれらの原則に基づいた経済活動を作っていく、ということを目標に始まったプロジェクトです。
 
 
このネムの方向性は、マイニングの方式などでも見られますので、追って説明していきます。
 

 
NEMのプロジェクトが生まれたのは2014年の1月、そして公開されたのは1年後の2015年3月です。
 

 
NEMの通貨の単位はXEM(ゼム)です。
 
国内の取引所であるコインチェックでも取り扱っているので、見たことのある人もいらっしゃるかと思います。
 

 
総発行量は89億9999万9999XEMとなっており、実はこの総発行量である約90億XEMは全て世の中に出払っています。

 
こちらのリアルタイム時価総額ランキングを見てもお分かりいただけるかと思います。

 

※6/27現在

 
 
ビットコインなどはマイニングにより少しずつ発掘されていますが、なぜNEMはすでに全て出払っているのでしょうか??
 
 

マイニングというものがない

 
そう、XEMはマイニングのようなものがなく、従って新しくXEMが生まれることもありません。
 

総発行量である約90億XEMはオープン時に全て投資家に分配されています。
 

Proof of Importanceとは??

最初にお伝えしたようにNEMは分散化や平等という理念をとても大切にしているコインです。
 

ビットコインのマイニングではProof of workが採用されていますが、NEMにはマイニングというものがありません。
 

NEMではProof of Importanceという方式が採用されています。

 
これはPoS(Proof of Stake)のような保有量によって報酬が変わるだけでなく、どれだけNEMのネットワークに参加したかという評価も加わるようなイメージです。

 
 
NEMというネットーワークが盛り上がるためには、より活発的にXEMがやり取りされる必要があり、それに対する貢献度も大切だということですね。
 

ハーベスティングとは??

 
NEMの大きな特徴として、ビットコインがマイニング(採掘)を採用しているのに対し、NEMはハーベスティング(収穫)という呼ばれる方式を採用しています。
 

ハーベスティングとは、簡単にいうとNEMのやり取りで発生した手数料を受け取ることができる仕組みであり、これは約1分間に1回行われています。
 

このハーベスティングに参加するには1万XEM以上を保有している必要があり、誰がハーベスティングを得られるかはランダムで選定されます。
 

そして、ハーベスティングに当たる確率はImportance(重要性)が高ければ高いほど確率がアップします。
 

ImportanceはXEMの所有量に加えて、取引量や取引数なども加えた総合的な判断で決められていきます。
 
(決められた計算式により決定されます。)

 

2つのハーベスティング

ハーベスティングにはローカルハーベスティングとデリゲートハーベスティングがあります。
 

簡単に言うと、ローカルハーベスティングは自身でコンピューターを使用して行います。
 
それに対し、デリゲート(委任)ハーベスティングはスーパーノードと呼ばれる上位ノードにハーベスティングをお任せすることで、報酬を得ることができるものです。

 

NEMの価格は??

 
こちらがNEMのこれまでの価格推移です。
 

 
直近1年のチャートですが、他の仮想通貨同様に順調に値上がりし、直近では少し落ち着いて下がってきています。
 

NEMはオープン当初は開発チームに日本人がいたりと、日本でも知名度も人気もある通貨の1つとなっています。
 

日本の取引所であるZaifが運営しているブロックチェーンのプラットフォーム「mijin」がNEMの技術を使用していることも日本で人気がある1つの要因です。
 

価格も1単位あたり20円前後というところからも、とっつきやすい印象があります。

 

 
現在は価格が落ち着いてしまっていますが、今後ますます活躍の場を広げていく可能性も十分にありますので、今のうちに所有しておくのもいいかもしれません。

LINEで送る
Pocket

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

オススメの記事

Bit Managementのメールマガジン

サイトの中だけでは”すべてを語り尽くせない”ほどの膨大な情報をお届け
今注目のビットコイン、仮想通貨の仕組みを今だけ無料で公開!

登録はこちら