2017.06.20 | 2017.12.19 トピックス

身近に迫るキャッシュレスの時代〜三菱東京UFJが仮想通貨を導入する意味〜

この記事は2017.12.19に加筆・修正されています。

LINEで送る
Pocket

こんにちは。
佐々木です。
 

 
日本のメガバンクの1つ、三菱東京UFJ銀行が独自の仮想通貨を作ろうという計画はご存知でしょうか??
 

2017年5月より、その実証実験をスタートさせた三菱東京UFJ銀行。

 

実験している仮想通貨の名前は「MUFGコイン」

 
UFJが独自の仮想通貨を導入するところからは、色々な意図を読み取ることができます。
 

MUFGコインって??

三菱東京UFJ銀行が作る仮想通貨、MUFGコインの最大の特徴は「1コイン=1円である」ということです。
 

つまり、ビットコインやその他の仮想通貨のように1コイン=いくら、というのが固定化される、つまりは変動しないということです。

 

1コイン=1円なら、わざわざMUFGコインを作る意味はどこにあるのでしょうか??
 

顧客を逃したくないという危機感

 
ビットコインやイーサリアムなど、仮想通貨が主流になったら銀行はどうなると思いますか?? 

そう、必要がなくなるのです。

 
銀行がなくなるなんて考えられるだろうか??
 

想像できないかもしれませんが、去年、日経新聞では「日銀がなくなるのではないか」というニュアンスの記事さえ掲載されています。
 

日銀がなくなるというのは現実的に考えにくいですが、「なくても困らない存在」になる可能性は十分にあります。
 

1994年、まだパソコンや携帯電話も普及していない時代にあのビル・ゲイツはこんな発言をしています。

 
「銀行昨日は必要だが、今ある銀行は必要なくなる」

 

まさにこの発言が現実味を帯びてきているのです。
 

 
ビットコインをはじめ、仮想通貨は金融機関を通さずにお金をやり取りすることが可能ですよね。

 
仮想通貨が普及しきった時、それは銀行が必要のない世界になっています 。
 

仮想通貨がみんな使うようになったとしたら、円も必要なくなります。
 

ということは、日銀がなくなる、、、なんて話しもオーバーな話しではなくなってくるのです。
(もちろん、さすがに日銀がなくなることはないと思いますが、なくても困らない、という話しですね。)

 

脅威を感じている

 というのが銀行サイドの正直なところでしょう。

 
すでに、地方銀行などは統廃合が活発になされるなど、厳しい戦いを強いられている銀行業界ですが、

そこにフィンテックの波が押し寄せているのです。
 

これは地方銀行などだけではなく、メガバンクでさえも油断禁物です。

 

MUFGコインの登場は、まさに危機感の現れと捉えることができます。

 
現在、三菱東京UFJ銀行には、4000万の口座と172兆円の資金量があるそうです。
 

それを守るために、MUFGコインの実証実験を進めています。
 

そして、なぜMUFGコインは1コイン=1円なのか??

 
それはこの顧客を逃さないためという部分が大きいと思われます。
 

MUFGコインは価格が固定されているため、ビットコインのように値上がりすればインカムゲインを得られる、という性格は持ち合わせていません。
 

「そんなの仮想通貨の意味がない!!」と、仮想通貨投資をしている方は思うかもしれませんが、

これは法定通貨である円に仮想通貨の利便性を持ち合わせることができるという所に繋がっていきます 。

 

つまり、現状の法定通貨では不便だとされる部分。

送金の時間だったり、手数料だったり。

 
そこを補うのがMUFGコインの目的でしょう。

 

円よりもビットコインが便利なら、顧客は銀行から離れ、ビットコインなどの仮想通貨に流れてしまうかもしれない。
 

そこを、円と同じ価値のまま、しかもダイレクトに互換することができ、さらにビットコインのメリットも持たせることができれば、顧客を逃さずに済むのではないか。

こういった部分に照準を合わせているように感じます。
 

これはかなり大きな意味を持つことになります。
 

仮想通貨であるMUFGコインが、法定通貨と同じ基盤を構築することになるのです。
 

 

ここについては、また別記事に書きたいと思います。

 

 バイナンス(Binance) 登録方法と使い方
bitFlyer (ビットフライヤー)とは? 手数料やお得なビットコイン取引方法

LINEで送る
Pocket

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

《無料》仮想通貨で稼ぐための秘訣 | 4つの仮想通貨ビジネスから分析【bitmanagementのLINE@登録者限定】

こちらは、仮想通貨で稼ぐための秘訣です。 本書は、仮想通貨(暗号通貨)で利益を出すために必要な情報と知識を4つのビジネスから分析して記されています。
  • 仮想通貨(暗号通貨)トレード
  • マイニング
  • アービトラージ(裁定取引)
  • ICO(未上場コイン)
この資料をダウンロードすれば仮想通貨で稼ぐために必要な知識や情報が分かります。4つのビジネスが「どのような仕組みなのか」、「注目すべきポイントはどこであるのか」など仮想通貨で稼ぐためには必要である知識や情報が精査され分かりやすく記載されています。

LINE@に登録して無料特典を受け取る

オススメの記事