2017.07.23 実践

ビットコイン 日本と海外では理解レベルがここまで違う件について No.15 

LINEで送る
Pocket

このサイトでは「10万円から始める仮想通貨トレードチャレンジ!」をお届けします。
この企画は「元手10万円から仮想通貨取引を通して、半年でいくらにすることができるのか!?」というチャレンジ企画となります。
ビットコインや仮想通貨に関するニュース・相場をチェックしながら、実際に取引をしていく過程と、ニュース、得られたナレッジを共有していきます。

「10万円から始める仮想通貨トレードチャレンジ!」

みなさんこんにちは。森田です。

スタートして15日目となりました。
それでは今日の仮想通貨市場を見てみましょう。

7月23日の仮想通貨レート


今日は、お昼頃より、日本の各取引所がビットコインの入出金の一部停止をして、ビットコインの改修に備えていましたが、価格には大きな変化はありませんでした。

coincheckは入出金を再開したようです

各取引所で対応は異なりますが、21:00ごろに確認した時点で、
coincheckはビットコインの入出金を再開したようです。

その他取引所はというと、
同時刻でbitbankはまだ入出金はできず、入出金ボタンは選択できませんでした。

そのうち再開すると思われます。

日本と海外の温度差

8月1日のビットコインキャッシュのハードフォークはなにも日本だけではなく、世界中が注目しています。
ただ、8月1日に起こりうる事象に対して、どうやら日本と海外では捉え方が少々違いそうです。

Thousands of Japanese Retailers, Restaurants May Halt Accepting Bitcoin


上記のニュースでは、
8月1日に日本のお店やレストランでのビットコイン払いが一時止まるかもしれないことを記事にしています。

日本のお店やレストランでビットコイン決済を導入している企業のうち、
coincheckやbitflyerといった国内大手の取引所を介して導入している企業が多くあります。
(日本のビットコイン決済ができるお店はこれからもどんどん増えていきます。
今後はリクルートライフスタイルと組んで26万店舗に普及させていくと既に発表されています。)

ただ今回の騒動に対して、
coincheckやbitflyerは8月1日にビットコインの入出金を止めると発表しています。

それに伴い、coincheckやbitflyerを介してビットコイン決済を導入していたお店は
ビットコイン決済を止める可能性があるというものです。

だけど、海外にも仮想通貨取引所はあるし、ビットコイン決済を導入しているお店やレストランはむしろ日本よりたくさんある訳です。
日本のことだけが記事になっているってどう思いますか?

これは至って冷静に見ている海外に比べて、
「ビットコイン分裂すんの?どうなるかわからんからわかるまで停止!ビットコインキャッシュも扱うかも!?」と大騒ぎしているのは日本だけということかもしれません。
前回にも書きましたが、取引所の対応が日本と海外では全く異なります。

直接書かれてはいませんが、ここから勝手な解釈です。

「とはいえ、キャッシュとカードで決済することになるからお店運営には大した影響ないから大丈夫。
 にしても日本テンパりすぎ、もしかしてちょっとあほなんかな!?」
というのがこの海外記事のメッセージだったのではと思います。

確かに万が一に備えて、念には念を入れるのに越したことはありませんが、
海外と日本の仮想通貨に対するリテラシーに差に気づかされた記事でした。

15日目結果

初日  100,000円
前日   82,840円
本日   83,610円
昨日比  +0.9%

次の記事を読む 「モナコイン bitbankで取り扱い開始」 No.16
前の記事を読む 「新しい仮想通貨 ビットコインキャッシュとはなに?(BitcoinCash/BCC)」No.14

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

LINEで送る
Pocket

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

オススメの記事

Bit Managementのメールマガジン

サイトの中だけでは”すべてを語り尽くせない”ほどの膨大な情報をお届け
今注目のビットコイン、仮想通貨の仕組みを今だけ無料で公開!

登録はこちら