2017.07.20 実践

ビットコイン 交錯する思惑 No.12

LINEで送る
Pocket

「10万円から始める仮想通貨トレードチャレンジ!」

みなさんこんにちは。森田です。

スタートして12日目となりました。
それでは今日の仮想通貨市場を見てみましょう。

7月20日の仮想通貨レート


ビットコインが28万円を超えてきました。
イーサリアムは脆弱性をついたハッキングを受けて一次暴落していましたが、
そのあとはまた値を上げてきています。

取引所によって対応の仕方は違う

先日から日本の各仮想通貨取引所が分裂問題に対する発表をしている中、
国内最大手bitFlyerも対応について発表しました。

bitFlyerの対応スケジュールはこちら

注目すべきは
「2つ(以上)のコインを上記数量決定された数量付与します。」
これはビットコインからハードフォークして、
ビットコインとは全く別のコインとして生まれる可能性がある
「Bitcoin Cash」のことを言っているのでしょう。

対して、ウォレットサービスや取引所をもつ海外のcoinbase
今回の騒動に対してのコメントを出していました。

コメントはこちら

要約すると、coinbaseは今回の分裂問題で、
新しいブロックチェーン、新しいコインは取り扱うつもりはないとのことです。
coinbaseのいう新しいコインというのも「Bitcoin Cash」のことでしょう。
coinbaseはBitcoin Cashを扱うつもりはない
つまり自分のところでは上場させないよ!ということかと思われます。

仮想通貨取引所同士でも全く別の対応をしてきました。

ここで、仮にbitFlyerがBitcoin Cashを取り扱い、ユーザーに付与するとなれば、
Bitcoin CashはbitFlyerから上場することになります。

個人の主観ですが、
個人的には今のビットコインがこれからも価値ある存在であって欲しいです。
そのため、Bitcoin Cashが幅を利かせて今のビットコインに
取って代わるような状態になるのはあまり好ましくはないです。

ビットコインを買ってbitFlyerに預けておいて両方どりできればいいかというのは
Bitcoin Cashの価値づけを後押しすることと変わらないので、
自分が気に入ったものを買うという森田の投資に対する考え方から、
今の状況ではやりたくないです。
(ぼくが市場に影響を与えることは全くないですが、気持ち、スタンスの問題)

マイナー、取引所、ユーザーらの思惑と戦略が複雑に絡み合う仮想通貨市場。
毎日怒涛の変化をせっかくなので楽しんでいきましょう!

12日目結果

初日  100,000円
前日   78,060円
本日   79,910円
昨日比  +2.3%

明日にかけてのロックインでビットコインの値上がりすると踏んで、
ビットコインを追加。明日に期待です。

前の記事を読む 「帰ってきたリップル」No.11

LINEで送る
Pocket

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

オススメの記事

Bit Managementのメールマガジン

サイトの中だけでは”すべてを語り尽くせない”ほどの膨大な情報をお届け
今注目のビットコイン、仮想通貨の仕組みを今だけ無料で公開!

登録はこちら