2017.07.16 | 2018.06.25 実践

《No.08》持っているビットコインは運用できる – 「10万円から始める仮想通貨トレードチャレンジ!」

この記事は2018.06.25に加筆・修正されています。

LINEで送る
Pocket

みなさんこんにちは。

スタートして8日目となりました。
それでは今日の仮想通貨市場を見てみましょう。

7月16日の仮想通貨レート

ここまでビットコインを始め、仮想通貨全体の価格が落ちてくる中で、
所有しているRippleでの短期売買で利益を出すのは難しそうです。
そのため、売買以外でもコツコツとコインを増やすことを目的にした準備をすることにしました。

仮想通貨のレンディング

筆者が使っている取引所の1つ、Poloniexではレンディング機能を使ったサービスがあります。
レンディング(lending)の意味は貸出です。ここでは仮想通貨の貸出のことです。
Poloniexのレンディング機能は、仮想通貨の信用取引をしているトレーダー向けに利子をつけて仮想通貨を貸出すことができます。

トレーダーが「ビットコイン貸してくれたら、日利○%でお返しします。」とオファーしてきます。
そのオファーに対して、ユーザーが「では日利○%で○日間までお貸ししますね。」といった具合です。

仮想通貨の全自動貸出運用サービス

このPoloniexのレンディング機能を使った取引を、全自動で行うことができるサービスを提供しているところがbitseederです。

Poloniexでは、レンディングは都度手動でやる必要がありますが、
bitseederはレンディングを24時間全て自動でやってくれます。
(手数料は返ってくる利子の8%)

今日はそのセッティングをしてみました。

仮想通貨の価格が下落している状況で、借りたいトレーダーがどれだけいるかはわかりませんが、
長期運用の視点でチャレンジしてみます。

運用の進捗は、詳しい登録方法と合わせて別で書きたいと思います。

8日目結果

初日  100,000円
前日   73,010円
本日   66,200円
昨日比  -9.4%

次の記事を読む
《No.09》世界中をフル活用 – 「10万円から始める仮想通貨トレードチャレンジ!」

前の記事を読む
《No.07》2ヶ月前のレートへ – 「10万円から始める仮想通貨トレードチャレンジ!」

LINEで送る
Pocket

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

《無料》仮想通貨で稼ぐための秘訣 | 4つの仮想通貨ビジネスから分析【bitmanagementのLINE@登録者限定】

こちらは、仮想通貨で稼ぐための秘訣です。 本書は、仮想通貨(暗号通貨)で利益を出すために必要な情報と知識を4つのビジネスから分析して記されています。
  • 仮想通貨(暗号通貨)トレード
  • マイニング
  • アービトラージ(裁定取引)
  • ICO(未上場コイン)
この資料をダウンロードすれば仮想通貨で稼ぐために必要な知識や情報が分かります。4つのビジネスが「どのような仕組みなのか」、「注目すべきポイントはどこであるのか」など仮想通貨で稼ぐためには必要である知識や情報が精査され分かりやすく記載されています。

LINE@に登録して無料特典を受け取る

オススメの記事