2017.07.14 実践

自分の資産を守るためにやるべき2つのこと 「10万円から始める仮想通貨トレードチャレンジ!」No.06

LINEで送る
Pocket

みなさんこんにちは。森田です。

スタートして6日目となりました。
それでは今日の仮想通貨市場を見てみましょう。

7月14日の仮想通貨レート

全体的に下落しています。まだゆるやかな下落が続きそうです。
今日は買い増しすることなくそのままステイすることにしました。

自分の資産を守るためにやるべき2つのこと

仮想通貨を所有する上で最も気をつけるべきことは、
所有するコインの管理の仕方です。

セキュリティ面でブロックチェーンそのものが破られることはまずありませんが、
取引所やウォレットは、外部からの攻撃に常に晒されており、
破られる可能性がないとは言い切れません。
所有している仮想通貨をどう管理・保管するかはユーザー次第となり、
ウォレットへのハッキングや紛失するリスクにたいして、適切な対策をする必要があります。

ウォレットを使い分ける

まず保管するコインは
複数のウォレットに分散して管理することをオススメします。

所有するビットコインを全てまとめて1つのwebウォレットに入れて
携帯で管理されている方もいましたが、
これは、全財産を毎日ポケットに入れて出歩いているようなものです。。

ウォレットはいろいろな種類、サービスがありますので、
うまく組み合わせて使い分けて頂ければと思います。
(ウォレットの種類についてはこちら)

パスワード管理にこだわる

ウォレットの分散管理と合わせて、
特に大切なのがパスワード管理の仕方です。

ウォレットのアカウント作成するために
それぞれパスワード設定が必要です。
みなさんは同じパスワードの使い回しをしていませんか?

もし他のサービスで使っているパスワードを使い回している場合、
自分の口座の暗証番号を他の人達に公開しているようなものです。
コンプライアンス・セキュリティが重視されてきているとは言え、
まだまだどこから情報が漏れるかわかりません。

また、ブラウザのパスワード自動保存機能は、
便利ですができれば使わないことをオススメします。

インターネット接続する時点で、接続端末は常に外部から狙われています。
PCがウィルスに感染して乗っ取られ、
ハッカーがリモート操作し、ブラウザを開くとパスワードが自動で入力されていて
ウォレットから全額引き出されてしまったという話も聞きました。。

つまり、自分のウォレットを守るためには、
各サービスごとに、他人が推測できない複雑なパスワードを
全て別々に設定して都度入力するようにしましょう!

ということです。

ただこれだと絶対にパスワードを覚えきれませんよね。。
そのため活用したいのがパスワード管理アプリです。
森田のオススメは1password(ワンパスワード)です。

1passwordの気に入っている便利な機能はこの2点です。
・パスワードを一括管理できる。
・複雑なパスワードを自動生成できる。

※1passwordを開くマスターパスワードはお忘れなく!

パスワード管理をしっかりとすることで、
かなりセキュリティレベルを上げることができます。

6日目結果

初日  100,000円
前日   86,080円
本日   83,740円
昨日比  -2.2%

今日はトレードしていないので、保有Rippleの昨日との価格差がそのまま結果に反映されました。
明日以降は下落傾向の中でも着実にできる取引の仕方を考えます。




前の記事を読む No.05 「大反発」
次の記事を読む No.07 「2ヶ月前のレートへ」

LINEで送る
Pocket

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

オススメの記事

Bit Managementのメールマガジン

サイトの中だけでは”すべてを語り尽くせない”ほどの膨大な情報をお届け
今注目のビットコイン、仮想通貨の仕組みを今だけ無料で公開!

登録はこちら