2017.06.13 ウォレット ビットコイン

いろいろな種類があるビットコインウォレット

LINEで送る
Pocket

こんにちは。
佐々木です。

 

ビットコインを使うには、日本円などど同じようにウォレット(=お財布)が必要ですよね。

 
こちらでは、実はいろいろな種類があるビットコインウォレットについてお伝えしていきます。

 

 

全部で4種類のウォレットがある

ビットコインを保管することができるウォレットには全部で4種類あります。

 

それぞれ特徴や使い勝手などに違いありますので、ご自分の目的や使いやすいと思えるものを探してみましょう。

 

パソコンの中に作るお財布

あまりメジャーではないのが、こちらの自分のコンピューターにインストールして利用することができるお財布です。
 

パソコンがあれば利用可能で、セキュリティ面も比較的優れています。

 

しかし、デメリットとして最初に相当な量のブロックチェーンデータをインストールしなければならず、場合によっては利用開始までに数日かかってしまうこともあります。

 また、コンピューターの故障やウイルス感染などにより、ビットコインが取り出せなくなるケースもありますので、バックアップなどの対策も必須となります。

 

パソコン上のウォレットとしては、 Bitcoin Coreや軽量なのが特徴のElectrum、アプリ版も使いやすいCopayなどが挙げられます。

 

使い勝手が良いがセキュリティ面に難のあるウェブウォレット

複数の端末から利用することができるため、使い勝手が良いとされているものがウェブウォレットです。

 

しかし、セキュリティ面に不安を抱えているものが多いため、多額のビットコインを保管するのにはオススメしません。
 

代表的なウォレットとしてはBlockchain.infoがあります。

 
 
 

こちらは使っている方も多いかと思いますが、やはりセキュリティ面では不安があり、ハッキング被害も報告されています。
 
 
最近では送金遅延問題も出ていますので、あまり使わない方が無難だと思います。 

アプリで動作するモバイルウォレット

 
スマホなどのアプリとして使うことができ、持ち運びができたりQRコードも手軽に利用することができるため、使い勝手が非常に良いです。

 
セキュリティ面でもパソコン上で使うウェブウォレットよりは優れていると言われています。

 
こちらも多額のビットコインを保管するにはあまりオススメはできませんが、日常の管理で利用する分には良いかと思います。

 

代表的なウォレットにはbread walletがあります。

 

原始的なペーパーウォレット

 
ビットコインアドレスと秘密鍵を印刷することにより、紙媒体で保管することができるのがペーパーウォレットです。

 

 

 

まさかの「紙」での保管方法で、イメージとしては「小切手」といったところでしょうか。

 
こちらは紙媒体での保管ですので、汚れや日焼けなど、劣化には十分注意しなければなりません。
 

ペーパーウォレットでの保管では、ハッキングなどよりもそのウォレット自体の保管に気をつける必要があるため、やはりあまりオススメできる保管方法ではありません。

 

 

 

1番安心!ハードウェアウォレット

 
こちらはUSBメモリのような専用端末にビットコインを保管することができるお財布です。
 

入金や送金などの際はコンピューターに接続し、保管する時はコンピューターから取り外して保管します。

 

接続を外せば完全にオフラインの状態で保管することができるため、セキュリティ面も優れています。
 
万が一、紛失した時も秘密のキーワードをしっかりと保管しておけば復元も可能です。

 
長期でビットコインを保管する際にはハードウェアウォレットを検討すると良いかと思います。

 

唯一の欠点は、他のウォレットに比べて高価であることが挙げられます。

 

基本的には海外製となり、メジャーなものとしてはtrezorledgerがあります。

 
amazonでも購入することが可能です。

(↓↓コチラからamazonのリンクに飛ぶことができます↓↓)

 

ビットコインウォレットTREZOR(トレザー) (グレー)


Ledger Nano S (レジャー・ナノS)ビットコイン&イーサリアムハードウェアウォレット【正規品】

 
以上、基本的なウォレットについてお伝えしました。

 
ビットコインのウォレットと一口に言っても、色々な種類があります。

 

投資も分散が大切ですが、ビットコインも1つのウォレットに集約して保管せず、いくつかのウォレットに分散して保管するとハッキングや紛失のリスクも抑えることができます。

 

 
私、佐々木もウェブウォレットである「Copay」、モバイルウォレットである「bread wallet」、安全に保管できるハードウェアウォレット「trezor」に分けて保管しています。

  
保管する際は、ぜひいくつかのお財布に分けて保管してみてください。

LINEで送る
Pocket

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

オススメの記事

Bit Managementのメールマガジン

サイトの中だけでは”すべてを語り尽くせない”ほどの膨大な情報をお届け
今注目のビットコイン、仮想通貨の仕組みを今だけ無料で公開!

登録はこちら