2017.07.11 ビットコイン

仮想通貨で利益が出た時も税金は払わなければならないの??

LINEで送る
Pocket

こんにちは。
佐々木です。
 

ビットコインなどの仮想通貨に投資して儲かった!!

という話しをよく聞きますよね。
 

ビットコインに投資して儲かったのはいいのですが、ふと疑問に思うことはありませんか??
 

「あれ、仮想通貨で儲かった利益に税金はかかるのかな??」

と頭に浮かぶ人方も多いと思います。
 

仮想通貨の税金はどうなっているのでしょうか??

仮想通貨にも税金がかかるの??

 
仮想通貨に税金がかかるのか、気になるところですが、

基本的に税金はかかります。

 
そもそも、大前提ですが、申告しなくていい所得(儲け)というものはありません。 

 
日本円でもビットコインでも、利益が出たら申告しなくてはならないし、相応に課税されるものとなります。
 

 
でも、取引所に日本円を入金してビットコインを購入して、そのまま所有していた場合はどうなのでしょうか??

 

ビットコインを日本円にした時点で課税対象となる

 
ビットコインをそのまま所有していると、値動きもするのでまだビットコインの状態では課税されません。
 

どのタイミングで課税対象と判定されるかというと、

ビットコインを日本円に替えた時(=ビットコインを売却した時)です。

※法整備がまだ整っていませんので、基本的な捉え方として提示しています。

 

売却したとき=利益確定(利確)

ということになります。
 

そのため、コインチェックなどで小まめに売買を繰り返して利益を積み上げている方はご注意くださいね。
 

まだまだ法整備が整っていないので今後の法改正に注意

 
現状では、まだ仮想通貨に対する税金については法整備が追いついていません。
 
ビットコインを利確したときに課税される、というのは間違いありませんが、

それ以外の部分については各税務署によって考え方が違うケースもあります 。
 

仮想通貨で利益を得ている方は、税理士さんに相談するというのも1つの手だと思います。
 

まだ法整備が整っていないので税理士さんによっても意見が分かれることが多々あるようですが、

自分1人で判断してしまい、数年後に税務署が調査に来て税金をがっぽり持っていかれる可能性もあります。
 

税務署は延滞税を取るために、申告・納税していないことを知っていてわざと数年間泳がせることがあるのです。

 
「申告しなくても大丈夫だった!!」

と思わず、しっかり対策を取っておきましょう。
 

LINEで送る
Pocket

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

《無料》仮想通貨で稼ぐための秘訣 | 4つの仮想通貨ビジネスから分析【bitmanagementのLINE@登録者限定】

こちらは、仮想通貨で稼ぐための秘訣です。 本書は、仮想通貨(暗号通貨)で利益を出すために必要な情報と知識を4つのビジネスから分析して記されています。
  • 仮想通貨(暗号通貨)トレード
  • マイニング
  • アービトラージ(裁定取引)
  • ICO(未上場コイン)
この資料をダウンロードすれば仮想通貨で稼ぐために必要な知識や情報が分かります。4つのビジネスが「どのような仕組みなのか」、「注目すべきポイントはどこであるのか」など仮想通貨で稼ぐためには必要である知識や情報が精査され分かりやすく記載されています。

LINE@に登録して無料特典を受け取る

関連記事

オススメの記事