2017.06.04 トピックス

ビットフライヤーとコインチェックではビットコインが補償されます!(条件あり)

LINEで送る
Pocket

 こんにちは。
佐々木です。

 

ビットコインを管理する上で、1番怖いのは「ハッキング被害に遭うこと」です。

ハッキングとは、簡単に言ってしまえばインターネット上の泥棒みたいなものですね。

 
ネットバンキングでもハッキングに対して様々な対策が打ち出されています。

ネットバンキングへはワンタイムパスワードの導入などがありますが、それらも全て不正利用への対策なのです。
 

 
そして、インターネット上に存在しているお金であるびっとこいんも例外ではありません。

ビットコインを狙ったハッキング被害は後を経たず、億単位のビットコインが盗まれてしまったケースもあります。

ビットコインの価値が増せば増すほど、ハッカーたちも狙いたくなりますので、今後はより一層ハッキング対策にも力を入れていかなければなりません。

 

そのようなビットコインの保管にも注意が必要な状況ですが、国内のビットコイン取引所である「ビットフライヤー」と「コインチェック」ではビットコインを一定額まで補償するサービスが開始されています。

 

二段階認証を徹底しよう

 
 
ビットフライヤーとコインチェック、どちらも補償内容や条件は異なる部分がありますが、共通していることは

二段階認証を設定していることが補償の条件となっています。

 

二段階認証とは、「Google Authenticator」というアプリと連動させ、アプリ内で20秒ごとに新しく生成されるワンタイムパスワードを操作時に入力しなければならない、というものです。

 

このワンタイムパスワードは、このアプリがインストールされているスマホの所有者のみ確認することができるため、不正アクセス防止に有効とされています。

 

この二段階認証の設定が補償の条件ですが、補償される・されないに関わらず二段階認証は必ず設定しましょう。

最近ではこの「Google Authenticator」を使用してセキュリティ強化を図っている会社も増えています。

 
ビットフライヤー、コインチェックだけではなく、自分の大切なお金を入れているのであれば可能な限りセキュリティレベルを高めることは必須です。

 
ログイン時の手間は増えるかもしれませんが、二段階認証の設定は必ず行うことをオススメします。

 

ビットフライヤーとコインチェック、それぞれの補償内容

 

ビットフライヤー

・アカウントが「トレードクラス」になっていること。
・預り資産に応じて異なり
  預り資産が100万円を超える→500万円まで補償
  預り資産が100万円未満→10万円まで補償
・二段階認証を設定していること

ビットフライヤーのトップページを見ると、ビットフライヤーの主な株主を見ることができます。

そこには三井住友海上の名前もありますよね。

ビットフライヤーはこの補償サービスを行うにあたり、三井住友海上と契約しているのです。
ビットフライヤーHP

 

コインチェック

・1回の請求は100万円まで
・二段階認証を設定していること

コインチェックはビットフライヤーのように金額によって補償額が替わる訳ではなく、1回の不正ログインによる被害に対して上限が100万円となっています。

 
また、コインチェックは東京海上日動と手を組んでサービスを展開します。

こちらは6月内に開始される予定です。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

ビットコインも利用が広まるにつれ、利用できる環境もますます良くなっていくと思います。

 

せっかく便利なビットコインですから、スマートに活用していきましょう。

 

LINEで送る
Pocket

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

オススメの記事

Bit Managementのメールマガジン

サイトの中だけでは”すべてを語り尽くせない”ほどの膨大な情報をお届け
今注目のビットコイン、仮想通貨の仕組みを今だけ無料で公開!

登録はこちら