2017.05.25 運用の考え方

バイナリーって何?〜「うちはバイナリーだから勝手に組織ができるよ!」と言われてもわからない方へ〜

LINEで送る
Pocket

こんにちは。
佐々木です。

「うちはバイナリーだから組織が勝手に広がるから安心だよ!」
なんて言葉、聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

 
「でも、ばいなりーって何だろう???」
という方も少なくないと思います。

そこで、こちらでは「バイナリーとは何か??」ということについて書いていきます。
 

「紹介なんてできない、、」というあなたへ

自分の組織ができる、と考えると、今まではこのような図式を想像しませんか?


 

自分から枝分かれしているのは必ず自分の知っている人であり、紹介者です。
 

もちろん、お友達がいなかったり、紹介する人が1人もいないと自分の組織は0人。

誰も枝分かれしてくれず、ちょっと寂しい感じになります。

寂しいだけならいいですが、誰も紹介できず組織も広がらないと、もちろん収入にも結びつきませんよね。
 

「僕には紹介できる人なんて誰もいない、、、」

「私は誰かに勧めるなんて苦手なんだよなぁ、、、」

という方でも組織が増える仕組み!!

それがバイナリー方式です。

「え、紹介しないでも組織が増える?」
 

最近のMLMではこのバイナリー方式が主流となっており、(私も含め)紹介できる気がしない人でも安心して参加できる仕組みなのです。

どういうことか?

わかりやすく説明していきますね。

バイナリーとは??

もう1度、最初に上げた組織図をみてください。

しかし、バイナリーは違います。

まず、自分から枝分かれするのは2人までと決まっています。

自分から枝分かれするのは2本までなのですね。

つまりこんな感じです。

AさんがBさんとDさんを紹介すると、こんな感じで2本生えています。

これだけ見ると、今までの組織の仕組みと変わらないかもしれませんが、

では、自分が3人目のEさんを紹介したい場合はどうすればいいのでしょうか?

先ほどお伝えしたように、1人から枝分かれするのは2人まで、と決まっています。

まさか3人目は紹介できないのか、、、??

そんなことはございません、ご安心ください。

3人目を紹介する場合は、自分の紹介したAさんとBさんのさらに下に枝分かれして着くことになります。

つまりこういうことです。

ここではAさんの下に3人目の紹介者であるEさんが着いています。

ほとんどの場合、紹介者の希望で左右好きな方に枝分かれさせることができます。

このバイナリー方式のすごいところは、「勝手に自分の組織が増えること」です。

 

バイナリーの例

先ほどの図を例にあげます。

まず、AさんがBさんとDさんを紹介します。

先ほどのこちらの状態ですね。


 

で、さらにAさんは、職場の同僚であるEさん、同級生のFさん、さらにジム仲間であるGさんを紹介したとします。

そうすると、先ほどのバイナリーの図にはこんな感じで加わります。

さて、ここでBさんの立場になって考えてみましょう。

Bさんはここまでで誰1人紹介していませんよね。

でも。どうでしょうか?

Bさんの下にはAさんの同僚であるEさんとAさんの同級生であるFさんが入っています。

Bさん、何もしていないのに組織が増えてませんか??

むしろ、Bさんは自分で紹介していないどころか、EさんともFさんとも面識すらないですよね。

それでも、自分の組織が拡大しているんです。
 

これがバイナリー方式のすごいところですね。

面識がなくても、紹介ができなくても、勝手に組織が構築されてしまう。

 
このバイナリー方式なら、友達がいなかったり紹介する自信がない人でも、組織報酬がもらえる可能性があるのです。

 
私もそうですが、紹介する自信がない人でも、このバイナリー方式なら組織を拡大し収入を得ることができるかもしれません。

 

個人戦ではなく団体戦のバイナリー

 
戦いではないのですが、基本的に組織収入というのは、
自分が紹介を出さないと収入に結びつきません。

結局は自分の戦い、自分個人の戦いとなります。

 
フォローはしてもらえたとしても、紹介は自分でしなくてはいけませんよね。

 
でも、先ほどの例のように、バイナリー方式の場合は自分で紹介が出せなくても、組織が拡大することがあります。

つまり、自分を紹介してくれた人の「紹介する」という仕事が、自分自身の仕事の成果にもなってくるのです。

先ほどの例でいうと、Bさんは何も仕事をしていませんが、2人が新しく紹介で増えています。

このEさんとFさんを紹介したのはAさんですよね。

つまり、Aさんの仕事の成果がBさんにも反映されているのです。

こういう意味で考えると、バイナリーは団体戦であり、完全にwin-winの関係となります。

逆を言えば、自分を紹介してくれた人があまり紹介を出せない人だと、自分の組織も拡大しにくくなってしまいますよね。

団体戦であるがゆえに、「誰に紹介してもらうか」、「どこのグループから登録するか」によって相当大きく結果が変わってきます。

 
団体競技のスポーツと同じです。

どんなに上手い選手がいても、同じチームの選手が弱かったりやる気がないと、試合に勝つことは難しくなります。

その案件に参加するか?もよく考えなければなりませんが、

「ココから参加して大丈夫か?」

ということも同時に考えてみてください。

 
車を買う時と同様に、同じ車は様々な場所で買うことができても、その後のアフターフォローは違います。

どうせ同じ買い物をするならアフターフォローが良好なお店を選んでください。

以上、バイナリー方式やそのポイントについてお伝えしました。

このバイナリーという仕組みを上手く活用していきましょう。

LINEで送る
Pocket

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

オススメの記事

Bit Managementのメールマガジン

サイトの中だけでは”すべてを語り尽くせない”ほどの膨大な情報をお届け
今注目のビットコイン、仮想通貨の仕組みを今だけ無料で公開!

登録はこちら